豊かなサイクルライフをつくる自転車情報マガジン

BICYCLE POST

giantのロードバイクでお出かけ!思い出をブログに!

   

giantのロードバイクでお出かけ!思い出をブログに!

街乗り自転車に乗っていて、「もっと速く、軽やかに走りたいな」と思ったことはありませんか?
そんな方にはロードバイクが向いています。

特におすすめなのが、比較的安価で高性能なgiantのロードバイクです。

ロードバイクを買い、乗る日々の思い出をブログに綴ってはいかがですか?

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

pwk0001699-1.jpg
デュラエース9100は買いなのか?互換性はどうなのか?

シマノのロード用コンポのハイエンドモデル「デュラエース」が9...

pwk0001689-1.jpg
タイヤを新品にする際に迷いませんか?26インチは何ミリ?

自転車のカタログに24インチ、26インチなどと記載されていま...

pwk0001688-1.jpg
今度のタイヤはコンチネンタルグランプリにしよう!

コンチネンタルグランプリ…カッコいい名前ですね! いかにも...

pwk0001687-1.jpg
キャノンデールのCAAD!身長170cmでサイズ52は適応する?

アメリカの自転車メーカー・キャノンデールは、世界で初めてMT...

pwk0001686-1.jpg
カンパニョーロのアルミホイール・ユーラスの評価は?

カンパニョーロと言えば、ロードバイクのホイール交換のときに、...

pwk0001685-1.jpg
カンパのシロッコにシルバーカラーがあったらしい!

カンパニョーロのアルミクリンチャーの人気ホイール・シロッコで...

pwk0001684-1.jpg
u字ロックを破壊されてたまるか!鍵の掛け方を学ぼう

ロードバイクは高額ですよね! 個人的には「走る宝石」と...

pwk0001683-1.jpg
4キロって遠い?自転車で走るとどのくらい時間が掛かる?

近年はスポーツ自転車ブームとも呼ばれ、街中でも普通にロードバ...

pwk0001682-1.jpg
モデルチェンジした今だからこそ10速アルテグラを振り返る

今でこそロードバイク用の変速段数はリア11速が最高になってい...

pwk0001681-1.jpg
10キロを自転車で走ったらどのくらいの時間が掛かる?

皆さんは10キロと聞くと、どんな印象を持つでしょうか? ...

pwk0001680-1.jpg
自転車で一時停止しないと違反?意外と知らない交通ルール

自転車は道路交通法上では、軽車両に分類されています。 ...

pwk0001679-1.jpg
自転車に空気が入らない!パンクかな?それとも他に原因が?

自転車に乗っていて、なんかいつもよりガタガタするなと思ったら...

pwk0001678-1.jpg
自転車のペダルを分解清掃してグリスアップしよう!

当たり前じゃないかと言われそうですが、自転車のパーツの中で足...

pwk0001677-1.jpg
自転車のチェーンのテンション調整の必要は?やり方と注意点

たまに自転車屋さんに行くと、「チェーンが伸びちゃってるね、引...

pwk0001676-1.jpg
自転車のシングルスピードは坂道に弱いという話は本当か?

皆さんは、シングルスピードという自転車を知っていますか? ...

pwk0001675-1.jpg
台風時の通勤にロードバイクを使う危険性を考えてみましょう

通勤にロードバイクなどの自転車を使っている人が増えています。...

pwk0001674-1.jpg
ママチャリをカスタマイズ!シートポスト交換からスタート

「軽さは正義」 ロードバイクにおいては、良く言われる言葉で...

pwk0001673-1.jpg
チネリネオモルフェにしたい!ハンドル交換のメリットとは?

イタリアの老舗自転車メーカーであるチネリのカーボンハンドルと...

pwk0001672-1.jpg
チネリのネオモルフェを取り付ける~シマノSTIに合うか?

イタリアのチネリという老舗自転車メーカーのカーボン製ハン...

pwk0001671-1.jpg
チネリのスーパーコルサはサイズが豊富過ぎる!身長に合う?

発売以来、40年以上変わらないフォルムで販売を継続してきたの...

スポンサーリンク


自転車メーカーgiant

giantという自転車メーカーをご存知でしょうか。

giantは台湾のメーカーで世界中にシェアを拡げています。
全国に多数の販売店舗があり、旅先で自転車が故障したとしても、修理をしてくれる店舗が多いメーカーです。

そして、giantは価格が圧倒的に安い自転車が多くあります。
例えば、エスケープシリーズは、高性能でありながら手に入りやすい価格であるなどの理由で、クロスバイクの売れ行きが好調です。

もちろん、ロードバイクにおいても評価が高く、ツール・ド・フランスで4回も優勝をする実績があり、プロのロードレーサーからの信頼も厚いです。

そして、giantはLivというレディースブランドも持っています。
レディースブランドを立ち上げることは、自転車のメーカーとしては、とても珍しいことです。

このLivもgiantと同じようにコストパフォーマンスに秀でているので、スポーツ自転車初心者の方にもオススメのブランドです。

とくに女性のロードバイク乗りのブログでは、乗っているという人が多く見受けられます。

giantのおすすめロードバイク

giantのロードバイクは、個人のブログでも評判が良いです。

そんなgiantのロードバイクは、オススメなものが多いのでご紹介します。

【PROPEL ADVANCED 1】
参考価格:250,000円

フレームにエアロフォルムを使用し、初心者でも使いやすいハンドリングのロードバイクです。
このフレームは、上位グレードのモデルと同等の性能を持っているので、オススメの1台です。

【PROPEL SLR 2】
参考価格:190,000円

上位グレードモデルと同様のエアロ性能、ハンドリング性能を有しています。

このロードバイクのアルミフレームは、高剛性と高い反応性を両立させています。
また、ブレーキ等を自分好みに仕上げていくなどの喜びも感じられるロードバイクです。

【DEFY ADVANCED 2】
参考価格:210,000円

ロングライドから街乗りまで、どんなシーンでも使えるロードバイクです。
オーバードライブ規格のフレームにより、高速巡航と乗り心地が快適になっています。

同じもので色々なところに行きたいという方に、オススメなモデルです。

giantのロードバイクシリーズは他にも

giantでオススメなロードバイクは、他にもたくさんあります。

【CONTEND 1】
参考価格:95,000円

コンテンドシリーズはエントリー向けモデルです。
ロングライド向けのエンデュランスロードであるDEFYと、giantのロードバイクを代表するTCRを融合させたシリーズです。

初めてのロードバイクにもってこいなモデルです。
ブログを書いている人は、ネタにするのも良いですね。

また、CONTEND 2という下のグレードがあるので、もっと安いのが欲しいという人には、そちらがオススメです。

【TCR SLR 2】
参考価格:165,000円

TCRシリーズでもっとも下のグレードでありながら、コンポーネントはシマノ・105が採用されています。
軽量な素材で有名なカーボンを、超えるともいわれる軽さが魅力のアルミフレームです。

アルミの剛性を保ちつつ、快適性が良いので、いずれはレースも出てみたいという考えがある人は、このモデルを購入するのもよいでしょう。

ロードバイクブログを書こう!

giantのロードバイクは、安価で性能が良いものが多いので、ロードバイクデビューをしたい人にオススメです。
そんなロードバイクを買った日には、ブログも書いてみてはいかがでしょうか。

書く内容は様々で、例えば、ロードバイクに試乗した感想や、ロードバイクの旅行記や日記などブログに書くネタはたくさんあります。

もちろん、ロードバイク関連のニュースを集めて、自分の意見をプラスして書くという方法もあります。

ロードバイクの話題が好きな人は増えています。
もし、ロードバイクのことをブログに書きたくなったら、以下のようなことを参考にして書いてください。

自分のロードバイクを撮影してブログに掲載すると、ブログに彩りが加えられます。

また、ブログはたくさん改行があると読みやすくなるので、他のブログも参考にしながら書いてみましょう。
ブログは3,000文字程度の分量だと、読み応えのある記事として評価されやすくになります。

また、テーマ分けして記事を書いたり、タイトルに結論を入れたりすることも大切です。

ブログを書くことによるメリット

ブログを書くことには、メリットがたくさんあります。

ロードバイクについてのブログなら、自分の思い出を残すことができたり、メンテナンスをしたことも書けば、メンテナンス記録になります。

その他にも、例えば、giantのロードバイクについての記事をブログを書いたりすると、それを見た共通の仲間ができることがあります。

ネットから交友関係が広がり、giant乗り仲間ができるかもしれません。

また、ブログを通じて、多くの人に自分の考えや情報などを知ってもらうことができます。
もし、自分の書いた記事が他の人から気に入られたりすれば、反応があったり拡散されたりすることもあります。

しかし、自分がブログに書いた情報が間違っていたりすると、他の人から批判されたり指摘されたりもします。

ネットはお互いの顔が見えないから、批判したり叩いたりされやすいのです。
だからこそ、ブログを書くときは、しっかりと下調べなどをして書くようになります。

ブログを書く際のポイント

ブログを書いていくうえで、注意したいポイントがいくつかあります。

まずは、ブログの文体についてです。
「です・ます調」や「~である調」で書く方式があります。

これは、その人の性格にもよりますが、どちらを使うにせよ統一するほうが読みやすくなります。

例えば、「giantのロードバイクを買いました!」「giantのロードバイクを手に入れた!」とどちらのパターンでも良いと思います。

そのあとの文体を、統一することが大切になるというわけです。

また、一文の長さ、行間について、漢字の使用頻度、英語の使用数なども人それぞれです。
これらを色々と考えながらブログを書いたりするのも、ブログの面白さだと思います。

顔文字を使うと、文章の印象がガラッと変わったりします。
顔文字は文章を柔らかくする効果がありますが、使いすぎると読みにくくなってしまいます。

顔文字と比較として(笑)や(汗)などは、漢字を使用しているので、文体が乱れずに読みやすいように思います。

ですが、多用しすぎると読みにくくなるのは顔文字と同じなので、適度に使うようにしましょう。

ロードバイクはハードルが高いと思う方は

今回は、giantのおすすめロードバイクをご紹介させていただきました。

ただ、現在ママチャリに乗っていて、「いきなりロードバイクに乗るのはハードルが高い」と思う方は少なくないと思います。

そんな方は、まずロードバイクよりも街乗り向けのクロスバイクを購入してみても良いかもしれません。
giantはクロスバイクもたくさん取り扱っていますので、興味があればチェックしてみてください。

 - サイクリング 情報, ロードバイク 海外メーカー