豊かなサイクルライフをつくる自転車情報マガジン

BICYCLE POST

自転車の制限速度って何キロかご存知ですか?

      2017/04/03

自転車の制限速度って何キロかご存知ですか?

自転車は車道を走れと言われるけれど、絶対車道じゃなきゃダメなの?
という疑問をお持ちの方もいらっしゃるかと思います。

自転車は歩道を走れるのか、また歩道走行時の自転車の制限速度が何キロなのか、さらに車道走行時の制限速度が何キロなのか、調べてみました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

pwk0001621-1.jpg
ロードバイク初心者はシマノのクラリスがおすすめ!評価は?

ロードバイクを趣味で始めたい! でも、王道のシマノ...

pwk0001620-1.jpg
ドイツの老舗・シグマのサイコン!電池が手に入れにくい!?

サイコンといえば、キャットアイやガーミンが有名ですね。 ...

pwk0001619-1.jpg
日本一周するには自転車で!種類別のおすすめモデルをご紹介

自分探しをしたい方、一風変わった旅をしたい方! そんな方に...

pwk0001618-1.jpg
ミニベロでレースに参加しよう!仕様変更するべき部分は?

最近流行っているミニベロ。 ミニベロって何?という方も...

pwk0001617-1.jpg
シクロクロスバイクにはカンチブレーキがおすすめ?!

シクロクロスはオフロードで行われる自転車競技です。 ...

pwk0001616-1.jpg
通勤距離が4キロの方必見!自転車通勤を始めてみませんか?

毎日4キロ~5キロを自動車で、電車で、または徒歩で通勤してい...

pwk0001615-1.jpg
自転車のポジションで走りが変化!前乗りはパワーが出せる?

スポーツ自転車に乗ると、サドルの位置が高くて初めは怖いも...

pwk0001614-1.jpg
男性の自転車乗りは体重が軽い方が有利?それとも不利?

一般的に、自転車は体重が軽いが有利と言われています。 ...

pwk0001613-1.jpg
ロードバイクをフラットバー化したい!長さが重要って本当?

ロードバイクのハンドルをフラットバーにしようかな? なんて...

pwk0001612-1.jpg
ロードバイクのスプロケを交換したい!丁数はどう選ぶべき?

ロードバイクに乗っていて、そろそろスプロケの交換をしようかな...

pwk0001611-1.jpg
ロードバイクのホイールは10速から11速用に換えられる?

11速化に興味はあるけれど、そのホイールは今持っている自...

pwk0001610-1.jpg
自転車の前輪と後輪ブレーキの種類はどんなものがあるの!?

自転車のブレーキは車と違って、種類が分かれています。 ...

pwk0001609-1.jpg
フラットバー化が、ロードをクロスの見た目に近づける近道!

性能は、ロードバイクがいいんだけど、見た目はクロスバイクが好...

pwk0001608-1.jpg
アイスバーン対策に!チェーンとスタッドレスタイヤの効果

皆さんは、雪の多い地域にお住まいでしょうか? 冬でも、夏と...

pwk0001607-1.jpg
自転車メーカーは海外勢が人気?日本製の自転車ってどう?

ロードバイクを買うなら、あこがれの海外の自転車メーカーの...

pwk0001606-1.jpg
弱虫ペダル以外にも!高校生のロードレースを扱った作品

自転車を扱った作品といえば、弱虫ペダルですよね。 個性...

pwk0001605-1.jpg
通勤距離が5キロという人は自転車通勤始めてみませんか?

毎日ぎゅうぎゅうの電車に押し込められて、通勤だけで疲れ果...

pwk0001604-1.jpg
ロードバイクのブレーキシューを交換したい!交換方法は?

ロードバイクのブレーキシューの交換しようと思っている方はいま...

pwk0001603-1.jpg
ドロップハンドルのスポーツ自転車で街乗りしよう!

自転車を買うときに、ほとんどの人は街乗りにも使いたいと思...

pwk0001602-1.jpg
圧倒的な強さを持つカンチェラーラ!強さの秘訣を大公開!

ファビアン・カンチェラーラ。 ロードバイクを本格的にやって...

スポンサーリンク


自転車は車道?歩道?

自転車は道路交通法上は軽車両に分類されるので、原則的には車道を通行しなければなりません。
そして原付と違い自転車は、毎回二段階右折をしなくてはなりません。

そのため、自転車の制限速度や道路標識、信号も基本的には自動車用に従うことになりますが、信号などでは「自転車・歩行者専用」の記載があれば歩行者用に従います。

また、歩道でも「自転車通行可」に指定されている区間であれば、通行しても構わないことになります。

原則はあるにせよ、さすがに自動車と完全に同じ扱いにするのは無理があるということで、様々な例外が認められているということでしょうか。

とはいえ、歩道を通る事を許可されている場所だとしても、歩行者に配慮するのは当たり前のことです。

歩行者用信号を渡るときは、自転車横断帯を通ることが必要ですし、できれば自転車を降りて渡るほうが危険が少なくて済みます。

歩道に関しても、歩行者の横を我がもの顔で猛スピードで走り抜けるのは危険です。
徐行して通るようにしましょう。

歩道を走行するときに自転車の制限速度ってあるの?

自転車の制限速度の中で歩道を走る場合は、徐行することと定められています。
では、この徐行とはどのくらいの速度なのでしょうか。

まず、道路交通法の徐行の定義をご紹介すると、「車両等が直ちに停止することができるような速度で進行することをいう」だそうです。

自動車の場合、直ちにに停止できる距離とは、おおむね1m以内とし、時速は10㎞程度と位置付けられています。

なぜ、少しあいまいな表現になっているかというと、路面の状態、車の制動の違いや重量も関係してくると、誤差が生じるためです。

では、自転車だと、どのような数値になるのでしょうか。

自動車の時速10㎞に合わせて走ったとしたら、歩道では歩行者が恐怖心を抱くでしょう。

歩行者が時速4㎞程度で歩いていることを考えたら、時速10㎞は速い部類です。

自転車通行可能な歩道でも、歩行者優先であることは変わりません。
そのため、歩行者の歩く速度より少し速い、6~8km/hが妥当です。

歩道ではあくまで歩行者優先

自転車は、車道を走行するのが危険な場合において、歩道を走ることが認められています。
歩道はあくまでも、緊急なときに使用できる道であり、普段から走っていい道ではありません。

もし歩道を走るときは、くれぐれも徐行を心掛けなければなりません。

近年、自転車の歩道走行が緩和されたことにより、歩道上での自転車と歩行者の接触事故が増加していました。

これを重くみた警察は道路交通法にある、自転車の車道左側通行を遵守させるよう、動き出しました。

また、自転車の制限速度はもちろん、明らかな徐行違反や車道の逆走、整備不良に至るまで、自転車に対する取り締まりが強化されています。

歩道での接触事故などは、一部を除いて、ほぼ100%近く自転車側の責任になります。

自動車の場合と違い、保険に入っている人が少ないので、人身事故になってしまった場合の保障が、大きくのしかかってきます。

事故を起こさないように心掛けるのが第一ですが、万が一にも備えて、自転車保険に加入することをおすすめします。

自動車にとって車道を走る自転車は邪魔?

車道を走っている車両は、ほとんどが自動車やオートバイで、自転車は少数派です。

そのため、自動車のドライバーは
「車道にもっと飛び出して来るかもしれない」
「左折するときに死角になって危ない」
「道幅が狭くて邪魔だ」

など、思うことがあります。

そして、万が一事故が起こった場合は、自動車の責任が大きく問われることになります。
なので、できれば自転車には、歩道を走ってもらいたいと思ってしまいます。

特にロードバイクは、自転車の制限速度以上スピードが出せ、ビンディングペダルだと靴が固定されているので、大惨事になるケースも多いようです。

しかし、自転車側の立場とすれば、「法律で車と同じ扱いになってるんだから車道を通るしかないでしょ」となるわけです。

ですが、その法律についてどれだけの自動車ドライバーが、自転車=軽車両ということを知っているかという問題になります。

法律は守るべきものですが、そこにマナーも加えなくてはいけません。
お互いが気を遣い合い、事故に遭わないようにする努力が必要です。

自転車の制限速度よりも道路の整備が先

そもそも、なぜ自転車は歩道を走ってはいけないのでしょうか。

警察の主張は先ほども言ったように、歩行者との接触事故が絶えないからということです。

しかし、今度は自動車と自転車の事故が多発してしまっています。

今や自転車はルール通りに車道を走っていれば、自動車のドライバーに邪魔にされ、歩道を走れば、歩行者に煙たがられるような状態です。

歩道や車道の整備は、ほとんど問題ないですが、自転車のための道は、ほとんどありません。

東京都などでは、自転車専用レーンを車道に作っている地域があるようですが、全国的に広まるのはまだまだ時間が掛かるでしょう。

確かに道路幅の問題や、費用対効果を考えれば難しいのは理解できます。

ただ現状は、道路のインフラ整備ができていないのに、自転車の制限速度や車道通行ばかりが先行してしまっているようです。

はやく歩行者・自転車・自動車のすべてが、安全に通れる道が整備されることを願います。

自転車の制限速度について調べてみた

最後に自転車側のせめてもの防衛策として、自転車の制限速度を把握しておきましょう。

何度もお伝えしているように、自転車=軽車両なので、原則は道路標識に示されている速度が制限速度になります。

しかし、標識が無い場合は、自転車に対する規定はありません。

自動車は60㎞、原付は30㎞と明記されているのですが、自転車は書いてありません。
ですが、街中で自転車が時速60㎞を超えて走ることは、滅多にありません。

法律上は、原付のほうが罰則が厳しく、制限速度に関しても原付のほうが厳しくなっています。
これは、自転車の出せる速度や、事故が大きくなる可能性を考慮したうえでの判断のようです。

しかし、制限速度が明確でなくても、以下のようなスピードを出していれば、安全運転義務違反に当たる可能性はあります。

・ハンドルやブレーキが操作できない程のスピード
・歩道で明らかに徐行とは認められないスピード
・他人に危害を与えかねないスピード

いずれも少しアバウトな気がしますが、スピード制限が無かったとしても、飛ばし過ぎはNGということです。

運転は相手を思いやる気持ちが大事

自転車は車道を走るべきか、歩道を走るべきか、立場によって様々な意見もあるようです。

どちらの立場になったとしても安全を心がけ、交通ルールを守って運転したいものです。
普段から自転車にはよく乗るけれど、歩道や車道を走るときの制限速度なんて気にしたことがないという人へ、自転車走行時の参考になれば幸いです。

 - 自転車種別 速度