豊かなサイクルライフをつくる自転車情報マガジン

豊かなサイクルライフをつくる自転車情報マガジン│BICYCLE POST

自転車の前輪ブレーキは自分でメンテナンスできる?!

2017.4.13

通勤・通学、またはちょっとしたお出かけの足に便利な自転車は、生活必需品という方も多いかと思います。

ある日突然、前輪ブレーキからすごい音がしたことなんてありませんか?

ブレーキって、自分でメンテナンスできる部分もあるんですよ。

今回は、前輪ブレーキのメンテナンスの方法について、ご説明していきたいと思います。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

ロードバイクの補助ブレーキに必要性は本当にあるのか?

ロードバイクは時速約30㎞のスピードが出ます。 それだけに制動能力も非常に重要になってきますの...

自転車の前輪から異音がする!原因は何だ?点検してみよう

自転車に乗っていると前輪付近から、何とも言えない異音がすることがありませんか? また、その音も...

ブレーキレバーの交換料金。ママチャリとロードバイクの違い

自転車の中で、メンテナンスの頻度が高い部分のひとつにブレーキが挙げられます。 ワイヤーが切れて...

ロードバイクのbbをメンテナンスで異音を解消!

ロードバイクを乗ってくるとパーツの磨耗は必ず起こります。 パーツは、沢山あり、チェーンやbb、タイ...

あなたの自転車のネジは錆びてない?そんな時は早めに交換!

ふと、自転車を見てみたらネジが錆びている! 小さなネジですが、錆びていると古びた雰囲気を与えてしま...

ロードバイクの悩み!ブレーキがかけづらい!

ロードバイクのハンドルはドロップハンドルなのでブレーキがかけづらいという人も少なからずいると思います...

自転車のタイヤに空気が入らない原因と対策を考える

当たり前のことですが、自転車はタイヤに空気が入らないと動きません。 しかし、当たり前のこと...

ブリヂストンの自転車ってどう?メンテナンスはどうすれば?

新しい自転車を購入するとき、どのメーカーが良いか、とても悩みますよね。 そんな悩みを持つ方におすす...

初心者でもできるロードバイクのブレーキのメンテナンス

ロードバイクに乗り続けていると、様々な要因によってブレーキが効きづらくなっていきます。 効きづ...

スポーツ自転車の「カンチ」っていったい何のこと?

「カンチ」という言葉をご存知ですか? シクロクロスなどのスポーツ自転車に乗っている方は、よく知って...

タイヤやチェーンのメンテナンスや取り付け方をご紹介

みなさんは、自分のお気に入りの自転車を持っていますか? お気に入りの自転車があるのであれば、た...

自転車のフロントブレーキのパッドを自力で交換する方法!

自転車、特にスポーツバイクに乗っていると、フロントブレーキの交換時期がやってきます。 自転車店...

ロードバイクのブレーキシューを交換したい!交換方法は?

ロードバイクのブレーキシューの交換しようと思っている方はいませんか? でも、どれくらの頻度で行うの...

クロスバイクのブレーキ交換で105キャリパーにできるか?

一般的なクロスバイクに搭載されているVブレーキですが、ストッピングパワーが強いので「効き過ぎる!」と...

自転車のグリップシフト!よくあるトラブル解決と交換方法!

あなたの自転車のハンドルはグリップシフトですか?トリガーシフトですか? 今回は、最近見かけるこ...

スポンサーリンク

自転車の前輪ブレーキの異音の原因

自転車の前輪のブレーキから異音がする場合、まずはクレンザーや台所用洗剤などを使って洗浄してみましょう。
油分が含まれているものを使うと、ブレーキが効きにくくなるので、気を付けてください。

それでも異音が鳴り止まなければ、ブレーキシューを外して、こびり付いている汚れを落とし、やすりで擦ってざらつかせてみましょう。

取り付けるところにあるステーを工具で捻り、ブレーキシューの角度を変えるのも良いでしょう。
力加減を間違えると反応が鈍くなってしまうため、くれぐれも力を入れすぎないようにしてください。

ブレーキシューを新しいものに取り替えるタイミングは、表面に刻まれている溝を見て判断しましょう。
目安は溝の深さが1mmくらいになる頃です。

ブレーキシューは金属製のパーツにゴム製のカバーを被せているため、使っているとカバーが破れて、金属が出てきてしまいます。

擦り切れたブレーキシューがホイールとぶつかることで、ホイールも削り取ってしまうので、早めに交換するようにしてください。

自転車の前輪ブレーキシューの取り外し

自転車の前輪のブレーキシューを交換するためには、

「アーレンキー」
「ブレーキシュー」
「小さいプラスドライバー」
「軍手」

を用意してください。

軍手はなくても構いませんが、あれば手の怪我や汚れを防げます。

ブレーキシューについては、シマノなどが販売している純正タイプを購入しましょう。
なお、油分が付着すると反応しにくくなるので、作業の前には手を洗うか、新しい軍手を使ってください。

まずはブレーキの両側を手で掴み、ホイールがある方向に寄せてから、ワイヤーを緩めてブレーキアームの上側に付いているフックを外しましょう。

ロードバイクにはキャリパーブレーキが取り付けられていますが、これはブレーキを緩めるためのレバーがあるので、それを起こしてやりましょう。

続いて、古いブレーキシューと同じサイズのアーレンキーを、ホイールの反対側にあるネジ穴に差し込んで、時計回りに回してください。

そうすればネジが緩むので、そのまま抜き取ってしまいましょう。
これで、ブレーキシューを外すことができるはずです。

前輪ブレーキシューの取り付け

自転車の前輪に新しいブレーキシューを取り付けるときは、6つのパーツの順番を間違えないように気を付けてください。

まずはブレーキシューに「長くてへこんでいるパーツ」と「一部分が突き出ているパーツ」を取り付けて、ブレーキアームに空いている楕円形の穴に通します。

2つのパーツは、へこみと出っ張りを組み合わせるように取り付けましょう。

続いて、残りのパーツを「出っ張っているパーツ」「短くてへこんでいるパーツ」「ワッシャー」「ネジ」の順に付けていきます。

このとき、アームから外れないように、ネジを軽く締めてください。

この時点ではブレーキシューが上下に動かせるので、ブレーキアームを内側に動かして、ブレーキシューをホイールに押し当てます。

そして上下がホイールの金属部分から、はみ出さないくらいの位置に、地面と水平になるように移動させます。

上手く収まったら、ネジをきつく締めましょう。
片手で押さえながら、もう片方の手でアーレンキーを使えば、締めやすいかと思われます。

最後に前輪ブレーキシューの調整

自転車の前輪にブレーキシューを取り付けたら、細かい部分を調整していきます。

まずは、ブレーキアームを元の位置に戻して、フックをしっかりと掛けましょう。
キャリパーブレーキの場合は、ブレーキレバーを倒してください。

その次に、前輪を浮かせて、ホイールを回してみましょう。
滑らかな動きになっていなければ、ブレーキシューがホイールに当たっているということになります。

ブレーキシューとホイールの隙間が2mm以下になっていたら、ブレーキがやや効きすぎています。
レバーとワイヤーを繋ぐネジで、ブレーキの効きを調節してください。

ブレーキシューの左右の間隔がどちらかに偏っているときは、ブレーキアーチの根元にあるネジを、プラスドライバーで回します。
締めれば外側に、緩めれば内側にアーチが動きます。

調整が終わったら、もう一度ホイールを回してみましょう。
まだ、ぎこちないようなら再び調整を行って、ブレーキアーチのバランスを取ります。

ひと通りの調整が済んだら、運転する前に必ずブレーキがきちんと効くかを確かめましょう。
もしも反応が鈍いと、停止できずに事故を起こしてしまうかもしれません。

前輪ブレーキワイヤーも交換してみよう

自転車の前輪のブレーキシューが交換できたら、ワイヤーも取り替えてみましょう。
経年劣化してしまったワイヤーを放置しておくと、突然切れてしまうことがあるので、早めに交換することをおすすめします。

作業は15分程度で行えます。
費用は専門店に頼むと1,000~2,000円ほど掛かりますが、自分でやれば400円ほどで済むので、節約にもなってお得です。

ママチャリに使うものなら、ホームセンターへ行けば購入できるため、気軽に取り替えやすいというのも利点と言えるでしょう。

用意するものは

「ペンチ(刃が付いているものにしましょう)」
「10mmの工具(10mmナットが回せれば何でも構いません)」
「新品のワイヤー」

です。

まずは、ブレーキワイヤーの先端に付いているキャップを、ペンチでつまんで引き抜いてください。
抜けなければ、ワイヤーごと切ってしまっても良いでしょう。

続いて、ナットをワイヤーを抜き取れるくらいまで緩めます。
あとはワイヤーを交換して、緩めたナットを締め直し、キャップを戻せば完了となります。

自転車のブレーキワイヤーを入れ替える

自転車のブレーキワイヤーが劣化してきたら、早めに取り替えてください。
前輪のものなら、自分でも交換することができます。

古いブレーキワイヤーは、まずレバーの根本にあるキャップを引っ張って外したら、ワイヤーを窪みまでずらしてやります。

それから上に引っ張り上げれば、抜き取れます。

あとは新しいワイヤーを差し込み、古いワイヤーがあった位置に取り付けたら、キャップとワイヤーチューブを差し込んでください。

ブレーキ側のワイヤーは、ブレーキアームのアウター受けと締め付けナットの穴に通します。

ブレーキシューとリムの間隔は3mmくらいを目安として、隙間を微調整しながらブレーキの左右にあるナットを手で締めていきましょう。

ナットを締めたら、きちんと停止できるかどうかを確認してください。

平地へ行き、ゆっくりと走っていって、適当なタイミングでブレーキレバーを握ります。
しっかりと止まれれば、問題ありません。

仕上げに余分なワイヤーを切り取って、先端に付属のキャップを被せたら、ペンチで潰してください。

そして軽く引っ張ってやり、外れなければ作業終了です。

ブレーキは自転車の要

自転車のブレーキの異変は乗る距離や経年劣化、保管環境など要因がさまざまで、いつトラブルが起きるか予測ができません。

ですが、前後どちらかのブレーキが効かなくなった場合でも、どちらかのブレーキがしっかり効けば、安全に停止できる可能性が高くなります。

ブレーキは、自転車を止める重要なパーツです。
しっかり効くように、メンテしておくことが大切だと思います。
自分では無理な部分は、必ず専門店に相談して修理してもらいましょう。

 - 自転車 ブレーキ, 自転車 メンテナンス