豊かなサイクルライフをつくる自転車情報マガジン

BICYCLE POST

メリダのリアクト4000が2017モデルで進化した?!

      2017/04/27

メリダのリアクト4000が2017モデルで進化した?!

メリダは台湾の自転車メーカーで、低価格でコストパフォーマンスの良い自転車を生み出しています。

そんなメリダのミドルグレードであるリアクトシリーズ。
フレームは上位モデルとほぼ同じ、違いはフレームの素材であり、その部分でコストパフォーマンスの良さを実現しています。

まず、メリダについてのご説明と、2017年モデルのリアクト4000と400について調べてみました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

pwk0001721-1.jpg
自転車のブレーキパッドの交換方法や価格などをご紹介

自転車に限らず、車輪で動く乗り物にとってブレーキは、動き...

pwk0001720-1.jpg
ブルホーンハンドルとブレーキレバーをkhsで揃えてみよう

ブルホーンハンドルは、先が牛の角のように上に突き出ている形状...

pwk0001719-1.jpg
ハンドルを調整する際に知っておきたいヘッドパーツの構造

ロードバイクは、乗車姿勢が非常に大切です。 そのた...

pwk0001718-1.jpg
ノバテックのホイール【スプリント】の評価は?実力は?

ノバテックは、自転車大国台湾の自転車部品メーカーです。 ...

pwk0001717-1.jpg
自転車のタイヤ交換や購入を前後同時にしたときの費用は?

自転車で地面と接している唯一の部分であるタイヤは、消耗品...

pwk0001716-1.jpg
自転車のタイヤ1本交換するのに手間や費用はどの位掛かる?

タイトルを見て「え、なんで?自転車のタイヤって交換しなく...

pwk0001715-1.jpg
スペシャライズドのアレーが2018年モデルチェンジ!

アメリカの自転車メーカー・スペシャライズドのアルミロード...

pwk0001714-1.jpg
シマノのスプロケット取り付け時に気になる互換性

ロードバイクなどのスポーツ自転車は慣れるにつれて、パーツ...

pwk0001713-1.jpg
シクロクロス車のおすすめを知りたい!10万円台で選びたい

シクロクロスはワールドカップも行われる自転車競技のひとつ...

pwk0001712-1.jpg
カンパのユーラスの評価が気になる!性能は?ライバルは?

カンパニョーロのユーラスは、アルミリムの上位モデルのホイール...

pwk0001711-1.jpg
アルミハンドルからくる振動を抑える方法をご紹介!

自転車に乗るとき、自分の体と接するのは、ハンドルとサドル、そ...

pwk0001710-1.jpg
アルテグラを例にベアリング使用部分をカスタマイズしよう

ベアリングとは自転車の回転する部分に使われている、摩擦を減ら...

pwk0001709-1.jpg
クロスバイクの定番700×28cタイヤはロードバイクにはどう?

スポーツ自転車のタイヤのサイズは、外径と幅で表されていま...

pwk0001708-1.jpg
6700系はリア10速の最終形態!アルテグラの歴史を振り返る

シマノのロードレース用コンポのセカンドグレードのアルテグラで...

pwk0001707-1.jpg
ママチャリの時速14キロ!自転車ってそんなにスピード出る?

普段自転車で走っていて、時速が気になることはありますか? ...

pwk0001706-1.jpg
自転車のハンドルが重いと感じたらヘッド部をグリスアップ!

自転車には回転する箇所が様々ありますが、その回転軸を支え...

pwk0001705-1.jpg
自転車の構造を学びたい!命を預けるブレーキの仕組みとは?

自転車は単純な構造で動いている、と思っている方も多いのではな...

pwk0001704-1.jpg
自転車の前輪ブレーキを調整!仕組みを知ろう

自転車に限らず、車輪で動く乗り物を止める手段はブレーキしかあ...

pwk0001703-1.jpg
プロ視点で考える中古ロードバイクや中古パーツのおすすめ!

こんにちは、じてんしゃライターふくだです。 ロードバイ...

pwk0001702-1.jpg
ブリヂストンのママチャリのタイヤ交換にどのくらい掛かる?

ロードバイクやMTBのタイヤは、速く走るための必須アイテムと...

スポンサーリンク


メリダ2017年モデルの概要

ここ数年、日本でも見かけるようになったメリダのロードバイクですが、メリダは自転車販売数世界第2位の台湾のメーカーです。

今回は、そんなメリダのロードバイクをご紹介していきます。
メリダの販売するロードバイクは2017年現在、主に3種類あります。

【スクルトゥーラ(SCULTURA)】

レースからロングライドまでこなす、オールラウンドなシリーズです。
カーボンフレームとアルミフレームのどちらも評価が高いです。

メリダのバイクは他社に比べて、低価格のわりにコストパフォーマンスが高く、スクルトゥーラ700は10万円台で買えるアルミバイクとして人気が高いです。

【リアクト(REACTO)】

空力を考えたエアロフレームを持つシリーズです。
主に平坦な場所を高速で走りたい人向けですが、フレームの出来が良いので、ヒルクライムも可能です。

リアクト4000は、エアロロードに乗ってみたいという人に最適なモデルです。

【ライド(RIDE)】

パヴェと呼ばれる石畳を快適に走れるバイクとして造られたシリーズです。

石畳は日本ではあまり見られませんが、ヨーロッパでは石畳でのレースがあるので、振動吸収性に優れ、快適に走れることが重要になります。

2017年モデルの大きな変化

リアクト4000を含む、メリダの2017年モデルには大きな変化があります。
それはディスクブレーキのモデルが充実したことでしょう。

さらにディスクブレーキ以外の車種で、標準装備のキャリパーブレーキがメリダのオリジナルからシマノになりました。

従来までは完成車価格を下げるため、安価なブレーキを装備して販売されていましたが、シマノの105などのブレーキが標準で装備されています。

2016年までは、購入時にブレーキだけシマノの105以上に換えた方がいいというロードバイクが多かったです。

2017年モデルからは、シマノの105のブレーキが標準装備されているため、パーツ交換の費用が掛からずに済みます。

メリダのロードバイクはフレームの質が良く、加速に優れているものが多いので、それを受け止める高性能なブレーキは必須でした。

ブレーキ以外についても、メリダの優れた部分を活かした仕様に変更されています。

リアクト4000とは

エアロロードのリアクト4000とは、どのようなバイクなのでしょうか。

リアクト400と比較しながらご紹介します。

メリダのリアクトは、プロのチームからの依頼をきっかけとして生み出されたシリーズです。
主に平坦な道で高速を出すことを前提に考えられていますが、ヒルクライムでもこなせる実力も兼ね備えています。

リアクト4000はエアロカーボンフレームで、メリダのオリジナルパーツとシマノ・105を組み合わせて造られています。

そのため、エントリーモデルながら他の上位グレードに対して、引けを取らない性能を秘めています。

シートポストにも、路面からの振動を吸収する素材が使用されていて、悪路でも高速で走れます。
どのような状況でも、快適さを失わないように工夫を凝らし、剛性も充分です。

2017年モデルは軽量化に成功しています。
公式HPで前年の2016年モデルが重量9.0kgでしたが、207年モデルは重量8.4kgと、0.6kgもの軽量化に成功しています。

ロングライドやヒルクライムでは、軽量であることがとても重要なため、リアクト4000が気になっていた人には朗報と言えるでしょう。

2017年モデルのリアクト4000インプレ

そんな2017年モデルのリアクト4000のインプレはどういった感じなのでしょうか。

リアクト4000は、リアクトシリーズのカーボンフレームのエントリーモデルです。
フレーム素材は上位グレードと異なりますが、形状は上位グレードとほぼ同じです。

見た目通りの剛性はありますが、マイルドな走行感もあります。
平地ではとても加速しやすく、高速巡航しやすいエアロロードの性能を十分に発揮してくれます。

エアロバイクながら、快適性も悪くありません。
サドルやタイヤに工夫をすれば、快適性はさらに向上するでしょう。

また、上り坂も問題なく、他のロードバイクにも匹敵する性能を持っているので、スピードを追い求める人にはおすすめの1台です。

20万円台で、エアロロードの性能を存分に堪能することができると思います。
メリダだからこそ可能な価格設定なので、「この値段でこんなに高性能!」と思ってしまう1台です。

2017年モデルのリアクト400

「リアクト4000より、もう少し安いのないの?」
という人のために、リアクト4000の下位グレードである、リアクト400の2017年モデルについてご紹介します。

メリダのリアクト400は2016年モデルまで、メリダのオリジナルブレーキが装備されていました。

前述しましたが、ブレーキだけでも105以上にしたほうが良い。という声をひろってか、2017年モデルにはシマノの105が最初から装備されています。

リアクト4000はエアロカーボンでしたが、400はメリダの技術力を結集させたエアロアルミフレームで、今までのアルミロードとは一線を画す見た目をしています。

ギアが11速なので、アルテグラやデュラエースなどの上位グレードへの交換も可能になっています。

また、メリダ製のホイールはセミディープリムと、とにかく目を引くデザインをしています。

価格が159,900と驚きの価格なので、かっこいいエアロロードに乗ってみたいけど、予算の都合が合わないとなっている人におすすめです。

リアクト4000以外の2017年モデルのロードバイク

メリダのリアクト4000を中心にご紹介してきましたが、メリダのロードバイクシリーズは他にもありましたね。
他のシリーズの2017年モデルをご紹介します。

【ライド80】
参考価格:83,900円

メリダの中で最安値のロードバイクですが、コンポーネントはシマノのクラリスで、フロントフォークはカーボン、完成車重量は9.6kgと高いスペックです。

【ライド3000】
参考価格:199,900円

フレームがカーボン素材ながら20万円を切ります。
ティアグラ採用の重量8.9kgと、コストパフォーマンスに優れたモデルです。

Di2にも対応しているので、将来的にアップグレードも視野に入れることもできます。

【スクルトゥーラ DISC 200】
参考価格:119,900円

新型ソラやディスクブレーキを搭載したモデルです。
油圧ブレーキにも対応しています。

【スクルトゥーラ4000】
参考価格:189,900円

フレームはセミエアロのスクルトゥーラCF2で、上位機種と同じものです。
リア11速のシマノ105を装備したオールラウンドモデルです。

各部にメリダのオリジナルスペックのパーツを組み込みながら、入手しやすい価格になっています。

メリダのロードバイクは個性的

リアクト4000は、平坦や下りを走るときはその性能を十分に楽しむことができます。

ただ、登りが苦手というほどでもなく、オールラウンダーとして走ってくれます。
人によっては「硬い」と感じるので、試乗してみたほうがよさそうですね。

メリダのロードバイクはミドルグレードでも十分な性能を持ち、さらに個々が個性的な作りになっています。

乗り比べてみれば、その違いが一目瞭然です。
どれも素晴らしいロードバイクなので、じっくり考えて、選んでみてください。

 - ロードバイク 海外メーカー