豊かなサイクルライフをつくる自転車情報マガジン

BICYCLE POST

老舗ブランドコルナゴ、ロードバイクのサイズに対するそのこだわり

      2016/11/25

老舗ブランドコルナゴ、ロードバイクのサイズに対するそのこだわり

コルナゴはロードバイク初心者の方でも、比較的すぐに耳にするメーカーではないでしょうか。ロードバイクをかじった方ならコルナゴのブランド力は無視できないものでしょう。このコルナゴのロードバイクは基本的に値段が高く、初心者にとっては敷居が高いメーカーかもしれませんが、なぜ高価なのかということをサイズに焦点を当てちょっと調べてみました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

pwk0001723-1.jpg
ママチャリのクランクの長さを変えると走りはどう変化する?

今回は、ママチャリのクランクを交換するお話をしようと思い...

pwk0001722-1.jpg
ホイールにバルブを取り付けるときの注意事項あれこれ

厳密に言えば、自転車のバルブをホイールに取り付けるのは、...

pwk0001721-1.jpg
自転車のブレーキパッドの交換方法や価格などをご紹介

自転車に限らず、車輪で動く乗り物にとってブレーキは、動き...

pwk0001720-1.jpg
ブルホーンハンドルとブレーキレバーをkhsで揃えてみよう

ブルホーンハンドルは、先が牛の角のように上に突き出ている形状...

pwk0001719-1.jpg
ハンドルを調整する際に知っておきたいヘッドパーツの構造

ロードバイクは、乗車姿勢が非常に大切です。 そのた...

pwk0001718-1.jpg
ノバテックのホイール【スプリント】の評価は?実力は?

ノバテックは、自転車大国台湾の自転車部品メーカーです。 ...

pwk0001717-1.jpg
自転車のタイヤ交換や購入を前後同時にしたときの費用は?

自転車で地面と接している唯一の部分であるタイヤは、消耗品...

pwk0001716-1.jpg
自転車のタイヤ1本交換するのに手間や費用はどの位掛かる?

タイトルを見て「え、なんで?自転車のタイヤって交換しなく...

pwk0001715-1.jpg
スペシャライズドのアレーが2018年モデルチェンジ!

アメリカの自転車メーカー・スペシャライズドのアルミロード...

pwk0001714-1.jpg
シマノのスプロケット取り付け時に気になる互換性

ロードバイクなどのスポーツ自転車は慣れるにつれて、パーツ...

pwk0001713-1.jpg
シクロクロス車のおすすめを知りたい!10万円台で選びたい

シクロクロスはワールドカップも行われる自転車競技のひとつ...

pwk0001712-1.jpg
カンパのユーラスの評価が気になる!性能は?ライバルは?

カンパニョーロのユーラスは、アルミリムの上位モデルのホイール...

pwk0001711-1.jpg
アルミハンドルからくる振動を抑える方法をご紹介!

自転車に乗るとき、自分の体と接するのは、ハンドルとサドル、そ...

pwk0001710-1.jpg
アルテグラを例にベアリング使用部分をカスタマイズしよう

ベアリングとは自転車の回転する部分に使われている、摩擦を減ら...

pwk0001709-1.jpg
クロスバイクの定番700×28cタイヤはロードバイクにはどう?

スポーツ自転車のタイヤのサイズは、外径と幅で表されていま...

pwk0001708-1.jpg
6700系はリア10速の最終形態!アルテグラの歴史を振り返る

シマノのロードレース用コンポのセカンドグレードのアルテグラで...

pwk0001707-1.jpg
ママチャリの時速14キロ!自転車ってそんなにスピード出る?

普段自転車で走っていて、時速が気になることはありますか? ...

pwk0001706-1.jpg
自転車のハンドルが重いと感じたらヘッド部をグリスアップ!

自転車には回転する箇所が様々ありますが、その回転軸を支え...

pwk0001705-1.jpg
自転車の構造を学びたい!命を預けるブレーキの仕組みとは?

自転車は単純な構造で動いている、と思っている方も多いのではな...

pwk0001704-1.jpg
自転車の前輪ブレーキを調整!仕組みを知ろう

自転車に限らず、車輪で動く乗り物を止める手段はブレーキしかあ...

スポンサーリンク


老舗ロードバイクブランド「コルナゴ」、サイズへのこだわり①

まずはコルナゴとはどういうブランド、歴史なのかをお話していきます。コルナゴ(Colnago )は、イタリアに本社を置く自転車メーカーであり、創業者はエルネスト・コルナゴ氏です。コルナゴは、1954年にイタリアのカンビアーゴという街でこのエルネスト・コルナゴ氏の手によって創業しました。数多くのレースに勝利し、多くの名車を歴史に残しています。値段が高いのであまり実物を見かけないかもしれませんがネームバリューとその性能は超一流です。質実剛健で伝統的なイメージで、どんなデザインでも「コルナゴっぽい」という不思議な感覚ですが、それだけ優れた特徴的なデザインだといえます。また同じイタリアを本拠地とするF1の名門チーム、フェラーリとのコラボレーションモデルを何度か発売しているなどそのブランド力は随一です。

老舗ロードバイクブランド「コルナゴ」、サイズへのこだわり②

モノコックフレームが世の中を席巻する現在でもコルナゴは昔ながらのカーボンラグとカーボンチューブを接合して作り上げる工法にこだわっており、その分モノコックフレームに比べて圧倒的に多くの職人の手作業が介在しなければいけないデメリットがあることは否定できません。22サイズのフレーム展開で200種類以上のラグとチューブを用意しなければいけない事が、生産効率を追い求めて行く現在の流れとは逆行しているのが事実でもあります。しかし、カーボン素材に職人が一つ一つ細かい手作業を施し、全てのカーボンパーツを組み合わせる事により、ライダーが自転車に身体を合わせるのではなく、ライダーの身体にフィットした自転車作りを可能としているのです。選手が望むバイクを提供する為には時代と逆行していようが、最高の物づくりに全力で取り組むというスタイルを貫いています。それが結果的に高価になってしまうことも顧みず、コルナゴの一貫したポリシーによるそのブランド力が高く評価されているのです。

老舗ロードバイクブランド「コルナゴ」、サイズへのこだわり③

コルナゴ本社オフィス前の通りを挟んだ向いに構えるエルネスト・コルナゴの自宅地下1 階には、C59やM10などの生産が行われているカーボン工場があり、そのすぐ隣はスチールフレームを溶接する工房となってます。この工房では熟練なる技術を有したベテランの職人が2名で、ラグとチューブやフロントフォークの切削から溶接、ヤスリがけの仕上げからセンター出し作業といった塗装工程までの全てを行っており、毎日けたたましく溶接の炎の音が工房中に響き渡らせてます。コルナゴを代表するスチールモデルである「マスター」は1983年にサロンニがミラノ~サンレモで使って勝った時から続いていますが、その繊細な作りと質実剛健な乗り味は多くのライダーに愛され続けている名車でしょう。現代の技術の粋を集めて製作されるカーボン工場のすぐ隣の一角で、今も昔と何ら変わらない工法で手作業により溶接作業が行われている姿は一種奇妙な風景でかもしれませんが、このマスターフレームの存在がロードバイクの歴史と今を繋ぎ、本質を現代に伝えてくれる貴重な存在であることを決して忘れてはいけないと思います。

コルナゴの素晴らしいロードバイク紹介①

ではコルナゴのロードバイクの紹介です。ここではコストパフォーマンスを考えずに素晴らしいと思えるバイクの紹介なので決して万人にオススメできるモデルではないことをご了承頂けます様お願いします。
①ロングライド性能はピカイチ『AC-R』
素晴らしい乗り心地として定評のあるロードバイクです。フルカーボンのフレームとフォークは振動を吸収しライダーの負荷を減らし、また柔軟性によって引っ掛かりのないスムーズなペダリングを可能としています。またお得意のストレートフォークは快適なハンドリングを約束しており、ロングライドでは疲れ知らずでしょう。きっと、乗るたびに距離が伸びていく楽しさを味わえると思いますよ。(参考価格:350,000円)

②素晴らしい走破性能を求めるなら『CX-ZERO CARBON』
本場ツール・ド・フランスの伝統コース“石畳”で鍛えられたカーボンフレームを搭載しており、瞬発的な力に対応できるよう振動の吸収とスタビリティを極限まで高めています。スプリント、ヒルクライムで120%の力を出し切ってくれるこの機体ですが、さらに前輪・後輪間のホイールベースを長くとることによってダウンヒルでの安定性も高めています。まさに常にゴールを狙うロードレーサー向けのバイクといったところでしょうか。また、若干の荒れ地にも対応できるディスクブレーキ搭載の『CX-ZERO DISC』も存在します。(参考価格:385,000円)

コルナゴの素晴らしいロードバイク紹介②

③10年に一度の工芸品コルナゴが10年おきにリリースするモンスターバイク『C60』
このCシリーズは受注生産にて製作されるそのフレームはライダー一人一人の体格に合わせられて完璧なロードポジションを手に入れることが出来ます。新型のボトムブラケットはペダルを軽く回すだけでグイグイ進み、その推進力はレースにおいて他の選手を圧倒するでしょう。最も、そのネームバリューだけでも十分な抑止力となると思いますが。
(参考価格:1,195,000円)

④最高級のラグジュアリーバイク『CF10』
分野は違えど、自転車界の代表的ブランドコルナゴと自動車界の代表的ブランドのフェラーリが手を組むとどうなるかというのを実現したモデルです。とんでもなく高級なものが出来上がります。そのお値段なんと175万円!!ここまで来るともう意味が分かりません。共にレースの頂点を目指すメーカーですので、その造りにはあくなき執念が感じられます。この『CF10』は、無駄をそぎ落として極限まで軽量化されたフレームにエアロダイナリズムと全方向からの剛性をプラスしてます。最早自転車ではなく「その形を成したナニカ」であり、カスタム次第によっては5kgまで落とすことが出来るというのですから驚きの一台です。(参考価格:1,750,000円)

コルナゴの素晴らしいクロスバイク紹介

毎日にひと時の休息を求める人に『BISCOTTI』
初めに長々と「COLNAGOはレーサー向けで…」といった風に書いてしまったためすっかり萎縮された方も多いかもしれませんが、なにもレース仕様だからそれ相応の走りをしなければならないかと言うと、そういうことではありません。このメーカーでは珍しいクロスバイクで、どちらかというとファッション性の高い造りとなっております。ヴィンテージ感漂うフレームを傍に休日を楽しむと考えるだけでもワクワクしてくるでしょう。(参考価格:99,000円)

イタリアの風を感じる『REZZO』
【】はまるでシチリアの風景を思い浮かべるような、クラシックでありながらどこか先鋭的なデザインをしています。決して派手ではなく、それでいて地味すぎない。お洒落好きの方にはもってこいの一台でしょう。パーツ類は全てシルバーで統一され、フレームとの対比で道行く人々の視線を奪います。耐久性も高く、街乗りからロングライドまで様々な用途で活躍してくれるはずです。(参考価格:220,000円)

まとめ・老舗ブランドコルナゴ

最後にここまで読み進めていただいた方なら既におわかりかもしれませんが、コルナゴは正直に言って少々お財布に厳しいメーカーでしょう。しかし、その性能は他ブランドのどのロードバイクを見ても抜きん出ており、一度でも自転車にまたがったライダーさんはたちまち虜になってしまうと思います。誰よりも速く、そして快適にゴールへたどり着きたいのであれば強くお勧めしたいメーカーです。

 - ロードバイク 海外メーカー, 自転車 サイズ, 自転車全般