豊かなサイクルライフをつくる自転車情報マガジン

BICYCLE POST

人気メーカージャイアントの自転車の評価は、どうなの!?

      2016/11/25

人気メーカージャイアントの自転車の評価は、どうなの!?

自転車で有名なメーカーのジャイアントは、クロスバイクやロードバイクに乗られている人がとても多く見かけます。そのジャイアントの周りの評価は、一体どうなのでしょう。ジャイアントの歴史と現在の評価を調べてみました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

pwk0001661-1.jpg
ルイガノのマウンテンバイクは復活しない?29erが消えた!

実は2017年ルイガノのカタログから、マウンテンバイクを含め...

pwk0001660-1.jpg
チェーン交換時期の目安は?ロードバイクはギアに影響あり?

ロードバイクのチェーン交換しようかな。 でも交換するには早...

pwk0001659-1.jpg
シマノのカセットスプロケットで自転車を10速以上へ

ロードバイクをエントリーモデルからスタートするとリアの変速段...

pwk0001658-1.jpg
シマノアルテグラがR8000シリーズにモデルチェンジ!

このほど、シマノのロードバイク用コンポーネントのセカンドグレ...

pwk0001657-1.jpg
シマノのマウンテンバイク用29erホイールの実力は

「クロスカントリーのレースなら29インチだね」なんて声を...

pwk0001656-1.jpg
クロスバイクのブレーキ交換で105キャリパーにできるか?

一般的なクロスバイクに搭載されているVブレーキですが、ストッ...

pwk0001655-1.jpg
自転車のフレームは自分で交換できるのか?いくらかかるの?

自転車に慣れてくると色々なパーツを交換したくなるものです。 ...

pwk0001654-1.jpg
バーテープの巻き方ってどうやるの?交換でピストを楽しむ

ピストバイクは、変速機がないシングルスピードの自転車です...

pwk0001653-1.jpg
自転車のハンドルとブレーキレバー交換に必要なものとは?

皆さんは、ロードバイクやクロスバイクのハンドルを交換したくな...

pwk0001652-1.jpg
自転車のタイヤが走っているときに急に外れることはあるのか

皆さんは自転車で走っているときに、急にタイヤが外れてしまった...

pwk0001651-1.jpg
mtbのブレーキの鳴きが出たときの対処法とは?

mtbなどの自転車で、悩まされることのひとつに、ブレーキの鳴...

pwk0001650-1.jpg
24インチの自転車の適応身長は?インチだけで選んで大丈夫?

皆さんは自転車を選ぶときに何を参考にしますか? インチ別に...

pwk0001649-1.jpg
自転車で1000キロ走るとはどのくらいの距離なのか?

皆さんは1000キロというと、どの位の距離を想像しますか? ...

pwk0001648-1.jpg
自転車の前輪から異音がする!原因は何だ?点検してみよう

自転車に乗っていると前輪付近から、何とも言えない異音がするこ...

pwk0001647-1.jpg
ロードバイクに補助ブレーキは必要?取り付け方法を教えて!

ロードバイクに乗っている方、これから乗り始める方。 補...

pwk0001646-1.jpg
ロードバイクのスピードメーターを後輪に付けてみよう!

ロードバイクに慣れてくると、自分の走りを数値化してみたくなり...

pwk0001644-1.jpg
カンパニョーロのシャマルウルトラはヒルクライム向き?

ヒルクライムとはロードレースのひとつで、山や丘を登り、そのタ...

pwk0001643-1.jpg
カーボンだけじゃない!アルミハンドルにも軽量な物はある

ロードバイクに慣れてくると、軽量化を図りたくなるものです。 ...

pwk0001642-1.jpg
mtbのハンドル幅が60㎝を超えたら法律ではどうなる?

皆さんは「普通自転車」の定義をご存知でしょうか? また、こ...

pwk0001641-1.jpg
ledライトを取り付けて自転車のホイールを派手に飾ろう

自分の自転車に愛着がでてくると、色々と手を掛けてカスタマイズ...

スポンサーリンク


人気自転車メーカーのジャイアントとは?

最近では、クロスバイクが流行ってきました。
そのクロスバイクをお使いの方々なら知ってる人も多い、自転車メーカーのジャイアントですが、評価の前にメーカーとしては、どのようなメーカーなのかを紹介します。

ジャイアントは台湾のメーカーで開設されたのは、1972年です。
今までの生産台数は、200万台を超えて世界でも有名な自転車メーカーとなりました。

取り扱う自転車で特に人気なのは、クロスバイクとなっておりますが、他にもマウンテンバイクやロードバイク等の自転車も製造しています。

OEM生産にも富んでいて、他の有名メーカーから生産の依頼がくる事もあり、このことからジャイアントがいかに凄いメーカーなのかを裏づけています。

自転車としては、競技モデルや高級モデル等の数多くの生産が行わていますが、特に人気のモデルは、コストパフォーマンスが非常に良いモデルとなっています。

ジャイアント自転車は、知名度が高く、幅広いレベル層に使用できるモデルが多いため、扱われる店舗も多いの魅力的です。

自転車の部品でフレーム部分は、重要な部分です。
ジャイアントは、このフレームを製造する技術が世界的に見ても高いく、徹底的に管理している生産ラインでコストダウンを実現しています。
その中でも、Tig溶接を利用したカーボンフレームとアルミフレームの製造技術については、自転車業界でも、高いレベルの技術力を駆使しています。

また、ジャイアントが自社で開発したフレーム[スローピングフレーム]があり、このスローピングフレームは、高剛性・軽量・低重心化の性能を発揮できるため、他メーカーでも採用されるほどの技術です。

このようにジャイアントは、低コストなだけでなく、性能面でもレベルが高いメーカーとの評価ができます。

人気自転車メーカージャイアントの歴史①

人気自転車メーカーのジャイアントがどのようなメーカーかは、理解して頂けたと思いますので、歴史について、もう少し詳しく紹介していきます。

今現在のジャイアントは、世界的に見ても技術力が高く、生産台数もとても多いため、低コストで高品質な自転車を生産している台湾のメーカーとなっています。

台湾製品のイメージは、商品価格が安く出回っている商品が数多くあることをイメージする人も少なくないと思います。

自転車業界の本場は、ヨーロッパになります。
ジャイアントの開設当初は、台湾に自転車業界の歴史がないため、イメージによる評価が良くないのは仕方のないことでもありました。

そこでOEM生産を行っていたジャイアントは、他メーカーの技術を学んでいき、より高い技術力を身につけていったのです。

更に技術を高めていき、強豪と戦えるメーカーになることを考えました。知名度がそこまで高くなかったジャイアントは、どのようにして知名度を上げるかを考え、商品が安心でかつ高品質な商品のイメージを持って頂けるようにどうするのかが課題となりました。

そこで優秀な指導者のキング・リュウという方の努力により、課題の解消がされ、世界的にも渡りあえるメーカーとなりました。

人気自転車メーカージャイアントの歴史②

ジャイアントの自転車は、高級感のある自転車というイメージをづらいですが、低コストであっても安心してしっかり走ってくれる自転車です。

この高級感が、どうしても他のメーカーに劣るところがあるため、評価が分かれてしてしまうことがあるのです。

良い評価としては、「速く走行するする事が可能な自転車で快適」という意見や、悪い評価としては、「歴史が浅く、価格が安いが、もう少しお金を出せば伝統があるメーカーの自転車に乗れる」という考え方の人がいたりします。

良いイメージをつけるには、経験と結果がどうしても必要となります。
自転車業界は、ヨーロッパが本場になってしまいます。
この本場がヨーロッパである事実は、変えられません。

やはりヨーロッパメーカーの自転車を信頼しているがために、他のメーカーの自転車に乗らない人も数少なくいます。

このことから、ジャイアントの自転車の性能が良く、メーカーとして良い評価を受けても、残念ながら悪い評価が出てしまうことはあります。

現在のジャイアントの評価!①

このような経緯から、人気自転車メーカーとなったジャイアント。
ジャイアントの自転車は、コストパフォーマンスが良く、自転車が快適に乗れることが認められています。

ロードバイクにおいては、どのような評価になっているのでしょうか。

今では、他メーカーが「最軽量」のカーボン製法に力を入れている中、ジャイアントは「最軽量」のカーボンということに関しては、そこまで力を入れていません。
ここが個人的に面白いと思うところです。

ツール・ド・フランスでの自転車で軽量化は、意味が無い訳ではないですが、そこまで重要視をしていないようです。
その理由が、国際自転車競技連合の規定で[過度な軽量化を図ることを防止]という事で、車体重量は6.8kg以上でなければいけないのです。

軽量化を図るよりも、快適性や空気抵抗を減らすことが、ツール・ド・フランスに勝つための自転車生産の流れとなっています。

このことからジャイアントは、ロードバイクにおいても勝利を目的にしているのでは、と考えています。

では、実際にレースでの勝つことは出来ているのでしょうか。

現在のジャイアントの評価!②

ジャイアントのロードバイクは、実際にツール・ド・フランスで勝利を収めます。
総合優勝は難しいですが、ステージ勝利に関してはしっかり実績があります。

優秀なレーサーが優勝に貢献していることは、確実な事ですが、レーサーがジャイアントのロードバイクを乗っている事が、勝てる自転車と評価している証拠になるのではないでしょうか。

プロのレーサーが大きな大会で勝利する事は、自転車の性能がとても良いことを表します。
この点においてもジャイアントは、しっかり功績を上げていますね。

日本の有名なレーサーは、ヨーロッパの自転車メーカーの自転車を使っていることもあり、性能面であまり良くない評価をする人もいるようです。

乗り味に関しては、体格等の差もありますし、自分に合う合わないがあるのは当然です。ジャイアントに限らず各メーカー色んな特色があり、特化しているところもあります。

自分のお気に入りのメーカーに乗るのも良いですし、自分に合う自転車に乗るのも良いですね。
周りの評価だけでなく、自分のお気に入りの自転車に乗ることが、結果にも繋がりやすいです。

現在のジャイアントの評価!③

ジャイアントのロードバイクだけでなく、クロスバイクの評価はどうなのでしょう。

色んな意見を参考に考えますと、標準的でバランスのとれたクロスバイクという評価が多いようです。
モデルによっては、スピードが出しやすくなっていますし、スポーツ自転車の初心者にも乗りやすくなっているモデルもあります。
評価すべきは何といっても、幅広い層のレベルに対応できるように考えられていることです。

そのため、これからスポーツ自転車に乗ろうと考えている人や、更に技術を習得したい人には、ジャイアントのクロスバイクは、おすすめです。

性能面において、とても優秀なだけでなく、価格面も低コストであるため、気軽に買えるようになっています。

更に安いからといって、他のメーカーと比べると性能が劣るように感じますが、逆に同じランクの自転車なのに、他のメーカーの自転車より安いこともあります。

世界的に生産量が多いだけでなく、性能面でも安心できるメーカーですね。

まとめ・自転車メーカージャイアントの今後に期待

ジャイアントの自転車は、とても良いように感じます。どうしても生産量が多いと安心できるか不安になる人もいると思います。
しかし、歴史的にも一からここまで築きあげて、まだ更なる進化を遂げています。
街乗りするのにクロスバイクは低コストな上に性能が良いので個人的には、好きなメーカーです。
今でも尽きること無く技術が進歩して、フルモデルチェンジをしたり新たな改良を毎年少しづつですが行われています。
今後も更なる功績を上げて、より良いメーカーになっていくことを期待したいですね。

 - ロードバイク ジャイアント, 自転車 おすすめ, 自転車全般