豊かなサイクルライフをつくる自転車情報マガジン

BICYCLE POST

ロードバイクスタンドを自作してみよう!

      2017/02/09

ロードバイクスタンドを自作してみよう!

ロードバイクスタンドは自作できるもので最近では、既成品を買わず自作する人が増えてきてます。
今回ご紹介するスタンドは、自転車に取り付けるものとは違い、自宅で保管する際に使うスタンドです。
保管するときに室内のほうが盗難の危険性も回避出来ますし、劣化もしづらくなります。
室内で保管出来るようにスタンドを自作してみましょう。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

pwk0001724-1.jpg
ルイガノのツーリングバイクlgs ctはランドナー?

皆さんは、自転車の種類の中で「ランドナー」をご存知でしょ...

pwk0001723-1.jpg
ママチャリのクランクの長さを変えると走りはどう変化する?

今回は、ママチャリのクランクを交換するお話をしようと思い...

pwk0001722-1.jpg
ホイールにバルブを取り付けるときの注意事項あれこれ

厳密に言えば、自転車のバルブをホイールに取り付けるのは、...

pwk0001721-1.jpg
自転車のブレーキパッドの交換方法や価格などをご紹介

自転車に限らず、車輪で動く乗り物にとってブレーキは、動き...

pwk0001720-1.jpg
ブルホーンハンドルとブレーキレバーをkhsで揃えてみよう

ブルホーンハンドルは、先が牛の角のように上に突き出ている形状...

pwk0001719-1.jpg
ハンドルを調整する際に知っておきたいヘッドパーツの構造

ロードバイクは、乗車姿勢が非常に大切です。 そのた...

pwk0001718-1.jpg
ノバテックのホイール【スプリント】の評価は?実力は?

ノバテックは、自転車大国台湾の自転車部品メーカーです。 ...

pwk0001717-1.jpg
自転車のタイヤ交換や購入を前後同時にしたときの費用は?

自転車で地面と接している唯一の部分であるタイヤは、消耗品...

pwk0001716-1.jpg
自転車のタイヤ1本交換するのに手間や費用はどの位掛かる?

タイトルを見て「え、なんで?自転車のタイヤって交換しなく...

pwk0001715-1.jpg
スペシャライズドのアレーが2018年モデルチェンジ!

アメリカの自転車メーカー・スペシャライズドのアルミロード...

pwk0001714-1.jpg
シマノのスプロケット取り付け時に気になる互換性

ロードバイクなどのスポーツ自転車は慣れるにつれて、パーツ...

pwk0001713-1.jpg
シクロクロス車のおすすめを知りたい!10万円台で選びたい

シクロクロスはワールドカップも行われる自転車競技のひとつ...

pwk0001712-1.jpg
カンパのユーラスの評価が気になる!性能は?ライバルは?

カンパニョーロのユーラスは、アルミリムの上位モデルのホイール...

pwk0001711-1.jpg
アルミハンドルからくる振動を抑える方法をご紹介!

自転車に乗るとき、自分の体と接するのは、ハンドルとサドル、そ...

pwk0001710-1.jpg
アルテグラを例にベアリング使用部分をカスタマイズしよう

ベアリングとは自転車の回転する部分に使われている、摩擦を減ら...

pwk0001709-1.jpg
クロスバイクの定番700×28cタイヤはロードバイクにはどう?

スポーツ自転車のタイヤのサイズは、外径と幅で表されていま...

pwk0001708-1.jpg
6700系はリア10速の最終形態!アルテグラの歴史を振り返る

シマノのロードレース用コンポのセカンドグレードのアルテグラで...

pwk0001707-1.jpg
ママチャリの時速14キロ!自転車ってそんなにスピード出る?

普段自転車で走っていて、時速が気になることはありますか? ...

pwk0001706-1.jpg
自転車のハンドルが重いと感じたらヘッド部をグリスアップ!

自転車には回転する箇所が様々ありますが、その回転軸を支え...

pwk0001705-1.jpg
自転車の構造を学びたい!命を預けるブレーキの仕組みとは?

自転車は単純な構造で動いている、と思っている方も多いのではな...

スポンサーリンク


ロードバイクスタンドを自作する前に重要なこと

自宅でのロードバイクの保管はどのようにしていますか?
私はタワー型のロードバイクラックの購入しようとしていましたが、かなり高額でしたので、自分で作ってみることにしました。

ロードバイクスタンドを自作するにあたり、絶対に外せない4つのポイントがありましたので、ひとつずつ紹介します。

①頑丈さ
ロードバイクが軽いのは確かですが、それなりの重さです。
そのため、頑丈さが必要であり、素材は金属にしました。
また、地震などで倒れないように、突っ張り棒形式のスタンドにしました。

②簡単さ
手間かけてオリジナルのロードバイクスタンドを自作しても良いですが、あまり時間と費用をかけるのも考えものです。
あまり時間をかけたくなかったので、簡単に作るようにしました。

③美しさ
見た目の美しさは絶対に譲れません。
頑丈かつ安く簡単に、そして美しく。
完成品を見ながら、ゆっくりとお酒を楽しむことができればいいと思いました。

④安さ
最重要ポイントは価格を抑えることです。
始めにお伝えしたとおり、ロードバイクのスタンドはそれなりの値段はします。
今回の目標は1万円以下!その範囲で制作しようと思いました。

アルミラックのロードバイクスタンドを自作しよう

ルミナスというメーカーのアルミラックを購入して、今回の自作スタンドのベースにしました。

購入品の詳細は、下記になります。

・テンションラック用ポール2本組

天井の高さに合わせるため、220cm〜280cmまでサイズにしました。
パイプの足元は重いものを支えることを想定したデザインになっており、しっかりしています。

・【25mm】幅46 ルミナスワイヤーバー(スリーブ付き)

安定性をだすため、パイプ間のパーツを3本にしました。
この長さが一番収まりが良く、隙間にフックもかけやすいです。

・フック (値段は覚えていないのですが、4つで1,000円弱です)

以上、合計金額 約7,000円しないで、ロードバイクスタンドを作ることができました。
市販品よりもかなり価格を抑えられたのではないでしょうか。

また、ロードバイクを増やしても、今回のロードバイクスタンドであれば、またすぐに作れます。
1台ならまだ良いですが、所有する台数が増えると保管方法の検討が必要です。

今回のように高さを活かせば、天井に付近のデッドスペースの有効活用ができると思います。

壁を利用してロードバイクスタンドを自作しよう!①

みなさん、ロードバイクはどこに置かれていますか?
とりあえず、廊下や空いたスペースに置く方が多いと思います。

しかし、それによって居住空間が狭くなってしまうことがデメリットですよね。
そこで提案したいのが”壁掛け”です。(サイクルショップのディスプレイでよく見ますね)

しかし、賃貸だから壁に穴を開けることが大きなネックになっていると思います。
そこで、【ディアウォール】を使ったスタンドの自作がおすすめです。

新しく柱を立てれば、そこを壁とみなして取り付けることが可能になります。
壁に穴を開けずに応用できるので非常に便利です。

柱を組み立てる 2×4材の木材を購入し、床からの高さに合わせてカットします。
木材に【ディアウォール】を取り付けることで、上下に壁へ固定します。

【ディアウォール】

・WAKAI ディアウォール 上下パッド 1セットツーバイフォー
・多くのホームセンターやネットショップで販売
・価格は1,000円前後。

※カットした木材の長さが足りない場合は、100円ショップ等で売っているコルクコースターを挟んで調節しましょう。

壁を利用してロードバイクスタンドを自作しよう!②

【バイクハンガーの取り付け】
バイクハンガーは、MINOURA バイクハンガー4Rがおすすめです。

他にも【4M】というモデルもありますが、こちらはMTB等のフラットバーの長さに対応するためのモデルです。

ロードバイクのハンドル幅は短いので、【4R】の方が合うと思います。

バイクハンガーを、説明書通りにゴリゴリと柱に取り付けます。
木材が割れないように、ネジを埋め込む前に予備穴をあけておくことがポイントです。
取り付け完了後に、グラグラしないか最終確認をしてください。大切な自転車が落ちたら大変です。

さらに、自作スタンドですので、様々なアタッチメントの追加が可能です。
例えば、洗濯物干しかけ等をスタンドに取り付けると、小物を下げておくことができます。
限られたスペースを上手に利用すると、おしゃれにも見えるので、色々工夫してみましょう。

【自転車を掛ける】

ロードバイクをハンガーへ引っ掛けましょう。
私は、部屋の中に設置しました。
部屋の中へ取り付けると、インテリアとしても楽しめます。

自作とは違う既成品ロードバイクスタンド

自作はちょっと・・・という方におすすめの市販品です。

1台掛け壁掛けスタンド【DNS-10】

・黒色と白色で、インテリアとしても邪魔しません。
・不使用時にたためて、1番省ペースで、出っ張りが邪魔することはありません。
・作りはシンプルですが、がっちりとホールドします。
・取り付け場所は、玄関・リビング・自分のお部屋など、どこでも取り付けOKです。
・コンクリート壁に取付け可(専用工具要)

MINOURA DS-2100 Tancho E’ess ホワイト

・タイヤ受けに乗せ、上部分のフックにかければ、簡単に保管できます。
・フックを持ち運び、どこでも自転車を掛けられます。
・また、垂直にかけたり水平にかけたり自由自在です。

MINOURA ディスプレイスタンド 【グラビティスタンド2】

・自転車の出し入れ・保管は、壁に立てかけるだけです。
・2台かけでもホールド感はしっかりしていて、震度6でも転倒しません。
・お部屋をすっきりコンパクトに見せられます。

サイクルロッカー(CycleLocker)

クランクストッパースタンド CS-103
・スタンド利用だと力強い印象です。ただ立てかけているだけでも存在感ありです。
・スリムですが嫌な威圧感はありません。自然に空間に溶け込みます。
・自転車の出し入れや収納も楽々。
・固定方式に独自機構「クランクストッパー機構」を採用。取り出しは超簡単。

スマートでちょっとだけオリジナル感のあるロードバイクスタンド!

手のひらサイズのスタンドlogicの『CLUG』で室内保管。
ロードバイクは高額なので、盗難は自転車乗りが最も恐れることです。

盗難防止目的でロードバイクを室内保管している方も多いかと思います。
保管場所で特に問題となるのはロードバイクです。

私は、自宅にロードバイク2台+街乗り1台の3台を室内保管しており、そのうち1台のロードバイクは玄関にそのまま置いています。
そんな状況で、自転車スタンドを探していたところ、“世界最小の”自転車スタンド『CLUG』が国内入手可能になっていました。

『CLUG』はタイヤ固定タイプの自転車スタンドです。
自作の難しい手のひらサイズです。

タイヤ幅ごとに3タイプあります。
・Sサイズ…タイヤ幅23〜32ミリ
・Mサイズ…タイヤ幅33〜42ミリ
・Lサイズ…タイヤ幅43〜62ミリ
ロードバイクであればSサイズです。
クロスバイクも、ほぼSかと思います。
マウンテンバイクやファットタイヤ向けの場合に、Mサイズ以上になります。

装着方法は、①自転車を収納したい場所に立ておき、②ガツンとネジ止めするだけ。
賃貸物件だと事前確認が必要です。
レンガやコンクリなら、電動ドリルで開けた穴にネジ止め用プラグを差し込みます。

また、タイヤ接触部の高さは下調べが必要です。
カラーバリエーションはオレンジ、グリーン、ブルー、ブラックです。

自作ロードバイクスタンドは色んな作り方がある

ロードバイクスタンドということで今回は自作のスタンドを紹介しましたが、ロードバイクに限らず色んな自転車に使うことが出来ます。
スタンド作成は、一から作るだけでなく、木のパレットを利用したりして作ることも出来ます。

一から作るとなると設計図とかが必要になることもありますからね。

もし時間があるなら、スタンドを作ることをおすすめします。
自作スタンドにロードバイクが収まっていたら格好良く見えて、周りの人に驚かれること間違いなしです。

 - カスタム DIY, 自転車全般