自転車のチェーンの交換時期はいつなの?

自転車に乗っていると、突然チェーンが外れることがあります。

外れて転んだ経験のある方もいるのではないでしょうか。

でも、付け直せばまだ乗れると思っている方も数多くいると思いますが、それは危険信号でもあります。
今回は、チェーンの交換時期について説明していきます。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

自転車のハブについての正しい知識。寿命を少しでも長く!

自転車の日頃のメンテナンスはどうしていますか。自転車も車と同じ車両の乗り物ですから、日頃のメンテナン...

自転車のカゴ、取り付け方を覚えて便利なサイクルライフ!

自転車にカゴがついているのは当たり前、でしたが、ロードやクロスに興味を持ち始めるとそれはあまり「当...

ブリヂストンの自転車ってどう?メンテナンスはどうすれば?

新しい自転車を購入するとき、どのメーカーが良いか、とても悩みますよね。そんな悩みを持つ方におすす...

ロードバイクメーカーのカーボン使用ロードバイク特集

ロードバイクで、最近は軽さに拘ったカーボン素材のロードバイクが出て来ています。メーカーによって製...

自転車の平均速度と徒歩の平均速度を比較してみよう

普段、速度を気にして自転車に乗っている人は、そこまで多くないと思います。速度を気にする人は、ト...

自転車で横断歩道を渡る時は「一時停止」で正しいですか?

自転車における道交法が改正となってから、随分注意する人たちも増えてきたのではないか、と思います。と...

スポーツ自転車の時速ってどのくらい?~クロスバイク編~

私たちに一番身近で便利な乗り物、自転車。今のところ免許もいらないですし(地域によりますが)自分で運...

自転車の必需品ヘルメット!子供用の選び方とおすすめ14選

2008年の道路交通法の改正により、自転車に同乗させる子供にヘルメットを着用させることが義務付けられ...

ロードバイクのサドルを適正位置に!より快適に、より速く!

ロードバイクに乗っているみなさん、サドルの位置は適正ですか?購入したお店、専門店などできちんと調整...

ロードバイクとピストバイク、その違いと特徴

最近の自転車ブームを反映してか、街中でロードバイクに乗っている方を見かける機会が多くなりました。...

mtbのトレイルって?大阪でもmtbは満喫できる?

mtbを持っている方は、どのようなシーンで使用することが多いですか?通勤や街乗りにばかり乗ってい...

デュラエースのクランクは軽い?重量から見るコンポーネント

シマノのロード用コンポのハイエンドモデルと言えばデュラエースですが、ロード乗りなら誰もが一度は憧れる...

ロードバイクのタイヤをチューブレス化!その影響は!?

ロードバイクなど、自転車人口が年々増加しています。しかし、その自転車が走るための道路整備は、追い...

自転車の違反!信号無視は出頭しなければならない?

自転車を運転している人は、交通ルールを守らなければなりません。その中でも信号無視をしている人を見かけ...

ロードバイクのメンテ、費用の目安はどのくらい?

『通勤や通学はロードバイクで軽快に』雑誌の特集を見て、自分もちょっと始めてみようかな。な...

スポンサーリンク

自転車のチェーンとスプロケットの交換時期

自転車のチェーンと、スプロケットの交換時期はご存知ですか?

チェーンやスプロケットは消耗品なので、交換することが必要となります。

ただ、チェーンやスプロケットは見た目だけでは、あまり新品と変わりなく見えるため、交換が必要なのか、まだ使うことができるのかという判断が難しいです。

そこで、交換時期の見極めについてご紹介していきます。

一番快適で確実な交換時期は、チェーンの交換に合わせてスプロケットも交換することです。

ただし、自転車に乗ったあとにチェーンを乾拭きして、時々チェーンルブを注すなどのメンテナンスをしていれば、スプロケットはもう少し長持ちします。

メンテナンスをせずに、そのままにしておくと、チェーンの汚れがこびりついてしまったり、錆びてしまったりします。
また、チェーンが伸びて、スプロケットの歯を削ってしまうこともあります。

ここで気になるのが、チェーンの寿命だと思います。
乗り方にもよりますが、ミニベロなら3,000〜3,500キロ、ロードバイクだと4,000キロ程度です。

自転車のチェーンの交換時期は距離だけではない?

先ほど、自転車のチェーンの寿命は走行距離で考えると良いとお伝えましたが、チェーンの交換時期は、走行距離だけで考えればいいのではないのです。

チェーンは元の長さより、だいたい0.7パーセント増えてしまうと交換が必要とされています。
しかし、この目安があるにも関わらず、チェーンの伸び具合は目で見てわかるものではありません。

定規やメジャーでは測れないでしょう。
そこで活躍するのがチェーンチェッカーです。

このチェーンチェッカーは、チェーンの伸びた長さを測ることができます。
チェーンチェッカーは600円程度から手に入れることができます。

ヤフーなどのネット通販で購入可能です。
ただし、送料も掛かってくるため、1,200円程度掛かるでしょう。

また、とても簡易的な方法だと、チェーンリングの決めた部分をつかんで、1センチ程度浮いた場合は伸びています。
歯の先が見えていたら、チェーンの寿命がきているので、新しいものに交換してください。

チェーンの交換はお店に依頼した方がいい?

チェーンの寿命がきてしまい、交換時期だと感じた場合に、チェーンの交換はどうしたらよいのでしょうか。

チェーンを交換するためには、タイヤを外し、チェーンカッターでチェーンを切る必要があります。
ですが、自分でやるには、タイヤを外すのも大変な作業ですし、チェーンカッターを手に入れる必要があります。

そうすると、お店でやってもらった方がいいという結論に達するでしょう。

自転車が趣味だという人の中には、自分で色々な道具を購入し、持っている人がいます。
しかし、一般の家庭では、ほとんどない道具です。

最近では、自転車の事故が増えて、大きな怪我に繋がって、高額な損害賠償を請求されることもあります。
普通の人が頑張って修理するのは、自己責任とされてしまうので、おすすめはできないです。

自転車屋さんでチェーンの交換をしてもらうときに、ある程度の知識を持っていることは有効です。

自転車を安全に乗るためにも、チェーンの交換時期を聞いて、切れてしまったり、外れてしまったりしないように、メンテナンスしてもらうことが大切です。

交換時期がきたチェーンを自分で交換する方法~道具編

交換時期のきたチェーンを、自分で交換するときに必要な道具をご紹介していきます。

チェーンの交換に必要な道具は、大まかに4つあります。

1.コンポに対応した新しいチェーン
2.チェーンカッター
3.軍手
4.床を保護するための段ボールや新聞紙

これらの道具は、スポーツサイクルの専門店でも売っているので、手に入れることができます。

チェーンは、ギアの段階とコンポグレードによって合う、合わないがあるため、気をつけて購入してください。
チェーンの値段は、グレードによりますが、1,000〜3,000円程度です。

チェーンカッターは、チェーンを切る道具です。
値段は1,000円程度からです。
グリップが大きいものの方が使いやすいです。

軍手は100均でも手に入りますし、段ボールや新聞紙も用意できると思います。

作業前に床が汚れてしまわないように、段ボールや新聞紙、ビニールシートなどで作業台にカバーをするといいです。

チェーンの交換時には、チェーンの油や汚れがついてしまうので、軍手は必需品です。

交換時期がきたチェーンを自分で交換する方法~交換編

ここからは、交換時期のきたチェーンを、自分で交換するときの手順をご説明します。

チェーンの交換の経験のない人にとっては、難しいと思うかもしれませんが、「チェーン外し」を使うと、案外簡単です。
チェーン外しは、インターネットからも購入することができます。

チェーンというものは、アウターリンクとインナーリンクで構成されています。

切断の順番としては、進行方向前側のアウターリンクからです。
アウターリンクからコネクティブピンを抜きます。

そして、チェーン外しをガイド部分に乗せて、バーを回転させるとチェーンピンが抜けます。
チェーンの切断はこれで完了です。

次は、新しいチェーンとの交換です。
まず、新しいチェーンを使いたい長さにカットします。

カットした後は、変速機に通します。
このときに、プーリーとゲージ部分に通し忘れがないか確認しましょう。

また、クランク側は、インナーギアの内側にチェーンを落としておくと、作業が比較的楽になります。

チェーンが通せたら、結合部にチェーン付属のアンプルタイプコネクティクピンを挿します。

そして、チェーン外しにチェーンを乗せ、ピンを押し込みます。
ピンを半分くらい押し込めたら、工具を外して余分なピンを切り、チェーン交換完了となります。

交換時期がきたチェーンを自分で交換する方法~調整編

交換時期がきて、自分で交換したチェーンの調整方法についてご紹介していきます。

チェーンの調整は、車軸後部のチェーン引きナットを締めたり、緩めたりすることで行います。

締め過ぎのときは、かなり緩めてから、もう一度締め直すといいです。

調整をするときは、水平フレームとリムの隙間を確認して、左右均等になるように調整します。

日頃から、チェーンを洗浄するなどのメンテナンスをすることも大切です。
チェーンの洗浄にも色々ありますが、パーツクリーナーを使うと便利です。

パーツクリーナーを使うと、ペダルを回すだけで、たくさんのブラシがチェーンひとつひとつの中まで洗浄してくれます。

また、洗浄だけでなく、注油することも大切ですので、忘れないようにしましょう。

注油方法は、ボロ布にオイルを染み込ませて、チェーンをなでるようにして、チェーンを回転させながら、まんべんなく塗っていきます。

スプレータイプのオイルを使うときには、チェーンを回転させながらオイルをかけて、後から余分なオイルをボロ布で拭き取ります。

チェーンも交換が必要

チェーンは切れない限り、ずっと使えると思っている人もいるのではないでしょうか。

しかし、チェーンが伸び始めているときは、実は交換時期に差し掛かっています。

何度もチェーンが外れる事がある人は、一度チェックをして見たほうが良いと思いますよ。
雨の日なんかは、特にタイヤも滑りやすくなっており、その状態でチェーンが外れると転ぶ危険性もあります。

そのときに、事故が起こる可能性もありますので、交換時期に達したら、交換した方が良いですね。