豊かなサイクルライフをつくる自転車情報マガジン

BICYCLE POST

クロスバイク等のスポーツ自転車の人気メーカー特集

      2016/11/25

クロスバイク等のスポーツ自転車の人気メーカー特集

ロードバイクやクロスバイク、マウンテンバイク等のスポーツ自転車は、メーカーが多くあります。

初心者は、どのスポーツ自転車を選べばいいのか悩んだりしますよね。

今回は、スポーツ自転車の人気メーカーを紹介していきます。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

pwk0001662-1.jpg
自転車のパーツの名前分かりますか?フレームって何?

自転車のパーツには様々な種類があり、それぞれに特徴的な名前が...

pwk0001661-1.jpg
ルイガノのマウンテンバイクは復活しない?29erが消えた!

実は2017年ルイガノのカタログから、マウンテンバイクを含め...

pwk0001660-1.jpg
チェーン交換時期の目安は?ロードバイクはギアに影響あり?

ロードバイクのチェーン交換しようかな。 でも交換するには早...

pwk0001659-1.jpg
シマノのカセットスプロケットで自転車を10速以上へ

ロードバイクをエントリーモデルからスタートするとリアの変速段...

pwk0001658-1.jpg
シマノアルテグラがR8000シリーズにモデルチェンジ!

このほど、シマノのロードバイク用コンポーネントのセカンドグレ...

pwk0001657-1.jpg
シマノのマウンテンバイク用29erホイールの実力は

「クロスカントリーのレースなら29インチだね」なんて声を...

pwk0001656-1.jpg
クロスバイクのブレーキ交換で105キャリパーにできるか?

一般的なクロスバイクに搭載されているVブレーキですが、ストッ...

pwk0001655-1.jpg
自転車のフレームは自分で交換できるのか?いくらかかるの?

自転車に慣れてくると色々なパーツを交換したくなるものです。 ...

pwk0001654-1.jpg
バーテープの巻き方ってどうやるの?交換でピストを楽しむ

ピストバイクは、変速機がないシングルスピードの自転車です...

pwk0001653-1.jpg
自転車のハンドルとブレーキレバー交換に必要なものとは?

皆さんは、ロードバイクやクロスバイクのハンドルを交換したくな...

pwk0001652-1.jpg
自転車のタイヤが走っているときに急に外れることはあるのか

皆さんは自転車で走っているときに、急にタイヤが外れてしまった...

pwk0001651-1.jpg
mtbのブレーキの鳴きが出たときの対処法とは?

mtbなどの自転車で、悩まされることのひとつに、ブレーキの鳴...

pwk0001650-1.jpg
24インチの自転車の適応身長は?インチだけで選んで大丈夫?

皆さんは自転車を選ぶときに何を参考にしますか? インチ別に...

pwk0001649-1.jpg
自転車で1000キロ走るとはどのくらいの距離なのか?

皆さんは1000キロというと、どの位の距離を想像しますか? ...

pwk0001648-1.jpg
自転車の前輪から異音がする!原因は何だ?点検してみよう

自転車に乗っていると前輪付近から、何とも言えない異音がするこ...

pwk0001647-1.jpg
ロードバイクに補助ブレーキは必要?取り付け方法を教えて!

ロードバイクに乗っている方、これから乗り始める方。 補...

pwk0001646-1.jpg
ロードバイクのスピードメーターを後輪に付けてみよう!

ロードバイクに慣れてくると、自分の走りを数値化してみたくなり...

pwk0001644-1.jpg
カンパニョーロのシャマルウルトラはヒルクライム向き?

ヒルクライムとはロードレースのひとつで、山や丘を登り、そのタ...

pwk0001643-1.jpg
カーボンだけじゃない!アルミハンドルにも軽量な物はある

ロードバイクに慣れてくると、軽量化を図りたくなるものです。 ...

pwk0001642-1.jpg
mtbのハンドル幅が60㎝を超えたら法律ではどうなる?

皆さんは「普通自転車」の定義をご存知でしょうか? また、こ...

スポンサーリンク


スポーツ自転車のクロスバイクで人気のメーカー!ジャイアント編

スポーツ自転車のクロスバイクで人気のメーカー、GIANT(以下、ジャイアント)について紹介します。

ジャイアントは台湾の自転車メーカーで、自転車大国であるヨーロッパの国々でも人気・品質・価格ともに絶大な信頼があるメーカーです。

ジャイアントのクロスバイクは、コストパフォーマンスが高いことでも有名です。

価格帯も安く、品質としても良いということで知られています。

世界最大の自転車メーカーであることを最大限に生かした生産体制は、その量産効果によって、仕入れコストや製造原価を下げ、価格を安く製造することを可能にしています。

それによって、基本ラインナップは5万円から10万円ですが、5万円以下でもそれなりのモデルを購入することが出来ます。

ジャイアントのクロスバイクで初心者向けの車種といえばESCAPE(エスケープ)シリーズを挙げることが出来るでしょう。

クロスバイクを初めて購入するという入門者に、非常にニーズの高い車種です。
そのいくつかを挙げてみます。

・ESCAPE R3
クロスバイクの入門車種として、シリーズの中でも最も売れているモデルと言えるでしょう。

・ESCAPE RX3
シリーズの中でも、本格的なスポーツライドを味わいたい方向けのモデルです。

・ESCAPE Air
フレームサイズ500㎜でも9.9㎏と驚くほど軽く、ひと漕ぎめからそれを実感できます。

スポーツ自転車のクロスバイクで人気のメーカー!トレック編

スポーツバイクで人気のメーカー、TREK(以下、トレック)を紹介します。

アメリカ最大手のメーカーで、クロスバイクの乗り心地は優秀です。

長距離運転でも疲れにくいサドルが特長です。

クロスバイクは、いわゆるママチャリに比べて、非常に軽量で速度も出る半面、体勢やサドルの固さ、衝撃への弱さが気になるという方も多いようです。

トレックは、その欠点となるようなポイントを解消しています。

長時間走行でも体が疲れにくくなるような構成、それでいて耐久性にも心配がないように、全体の作りのバランス感覚が優れていると言えるでしょう。

トレックのクロスバイクの価格帯は、比較的高めであると言えます。

基本的には10万円前後、良いものだと15万円前後です。予算に余裕がある方にはおすすめです。

トレックのクロスバイクで初心者向けの車種はFXシリーズです。
おすすめの車種をいくつか挙げていきます。

・7.2FX
FXシリーズの中でも最もベーシックなモデルです。予算的に最も安いものを、と考えている方におすすめです。

・7.7FX
ロードバイクの走行性に快適性を兼ね備えたFXシリーズのフラッグシップモデルです。
クロスバイクとはいいながらも、妥協のない最強のモデルだと言えるでしょう。

スポーツ自転車のロードバイクで人気のメーカー!キャノンデール編

スポーツ自転車のロードバイクで人気のメーカー、Cannondale(以下、キャノンデール)を紹介します。

キャノンデールは、カーボンキラーの異名を持つ高品質・高性能のアルミロードバイクを開発するアメリカのメーカーです。

そのキャノンデールで、初心者におすすめのロードバイクをいくつか挙げていきます。

・CAAD12
フレーム、フォーク、コンポーネントはすべて進化し、スタートフォームアロイ構築技術も前進しています。

CAAD12のシステムは、トレードマークともいえる剛性とともに、軽量化と快適性をも組み込んでいます。

デザインし直したスマートフォームド6069アロイフレーム、一体化したカーボンSPEED SAVEフォークと新しい25.4㎜シートポストは、CAAD10の時点で200gの軽量化を実現しています。

さらなる軽量化は、デザインを一新したホログラムSiクランクセットで行われ、CAAD12コンプリートシステムでは数百グラムの軽量化に成功しています。

・CAAD8 SORA7(ジェットブラック)
クラス最軽量のフレーム重量、そして少し長めのヘッドチューブを採用したフレーム設計のため、前傾姿勢が弱まり、ライド中の視界を充分に確保しているので、ロードバイク初心者の不安を取り除いてくれます。

ロードバイク初心者には、ピッタリの車種です。

スポーツ自転車のロードバイクで人気のメーカー!ビアンキ編

スポーツ自転車のロードバイクで人気のメーカー、ビアンキを紹介します。

ビアンキはイタリアのメーカーで、マルゲリータ王妃の目の色をモチーフにしたという伝説のカラー、「チェレステ」という色合いを持つ、現存する中で世界最古の自転車メーカーです。

初めてカーボンフレームを買おうとしている人におすすめの車種、INTENSOシリーズからいくつか挙げてみます。

・INTENSO SORA COMPACT
価格が20万円を切るコストパフォーマンスの良いフルカーボンフレームです。

メインのコンポーネントにはSORAを採用し、変速はリア9段です。
かなり振動吸収性に優れ、長距離走行でも疲れにくいでしょう。

・INTENSO TIAGRA COMPACT
SHIMANOのTIAGRAを採用した10段変速のモデル。

上位グレードの105と比べると、やや安価な価格設定となっています。

レースに出るよりも、趣味で自転車に乗っていたいという方には、このモデルがピッタリです。

・INTENSO 105 COMPACT
105コンポーネントを使用したリア11段変速のこの車体は、ヘッドチューブが長めに設計されているため、前傾姿勢を解消でき、衝撃吸収性もあるので、長距離走行におすすめです。

のんびりと走るよりは、機動性に重点が置かれており、高速巡行をするのに向いたフレームです。

レースに出たい人や、速く走りたい人におすすめです。

スポーツ自転車のマウンテンバイクで人気のメーカー!GT編

スポーツ自転車のマウンテンバイクで人気のメーカー、GTを紹介します。

マウンテンバイクと言えばGT、という人もいるほど、人気のあるアメリカのメーカーです。

GTでおすすめの車種をいくつか挙げていきます。

・フューリー エキスパート(FURY EXPERT)
ダウンヒルにおすすめの世界最速のバイクです。

路面追従性が良く、よりスピードを求めたり、レース入賞を目指したりしている方におすすめです。

・サンクション エキスパート(SANCTION EXPERT)
フューリーよりも軽量で、街乗りやクロスカントリーにも使えそうな車種です。

・センサー エキスパート(SENSOR EXPERT)
高性能サスペンションで、乗るものに高揚感を与えてくれるマウンテンバイクです。
ダウンヒルレースの参加を考えている方におすすめしたい車種です。

・ヴァーブ コンプ(VERB COMP)
10万円台前半で、フルサスペンションは、高くて手が出せなかった方におすすめの車種です。

・ザスカー カーボン エリート(ZASKAR CARBON ELITE)
カーボンフレームで軽さを求めたGTのクロスカントリーモデルです。

・アグレッサー コンプ(AGGRESSOR COMP)
オンロードでもオフロードでも使えるSUVマウンテンバイクです。
舗装路を高速に駆け抜けるファットスリックタイヤに、オフロードに対応した強靭なフレームで、幅広いフィールドで乗りこなせる車種です。

スポーツ自転車のマウンテンバイクで人気のメーカー!コナ編

スポーツ自転車のマウンテンバイクで人気のメーカーKONA(以下、コナ)を紹介します。
マウンテンバイクでは、GTと双璧をなしているメーカーがコナです。
コナの特長として、クロスカントリー用マウンテンバイクの優れたフレームジオメトリが挙げられます。

その優れた乗り心地と操作性は、非常にレベルが高いです。

マウンテンバイクメーカーの中でも、コナは最も街乗りメインとしておすすめできます。そんなコナのおすすめの車種を、いくつか挙げていきます。

・OPERATOR
グラビティにおすすめの車種です。非常に高性能でコストパフォーマンスにも優れています。

・PRECEPT 200
グラビティ入門におすすめの車種です。気軽にダウンヒルライドを楽しみたい人におすすめの車種です。

・PROCESS 134 DL
ローカルなエンデューロレースや、1日中走るクロスカントリーまでこなすマウンテンバイクです。

・EXPLOSIF
究極のトレイルバイクを追求したベストセラーモデルのマウンテンバイクです。

・HONZO AL
アグレッシブな巡行性能とコントロール性能を持ち合わせた、より速く、より軽量なバイクを探している方におすすめの車種です。

・LANA’I
幅広い身長に対応したコナのマウンテンバイクです。

XS、S、M、Lのサイズ展開なので、家族やカップルでコナのマウンテンバイクを揃えられます。

スポーツ自転車のメーカーは各ブランド力がある

自転車選びで、メーカーを調べれば調べる程、どれを選べば良いのか分からなくなる方もいると思います。

特に自転車はメーカーが沢山あります。今回紹介したのもほんの一部です。

自転車選びのコツは、予算を決めて、どんなことをするのかをしっかり決めることが重要だと思います。

その中で、カラーや性能を決めると自分に合う一台が見つけられると思います。

値段も高いので、しっかり調べて、出来たら試乗し、自分に合った一台を見つけてみて下さい。

 - ロードバイク 海外メーカー, 自転車全般