豊かなサイクルライフをつくる自転車情報マガジン

BICYCLE POST

ロードバイクで加速するコツは?ちょっとした工夫で速くなる

      2017/03/24

ロードバイクで加速するコツは?ちょっとした工夫で速くなる

ロードバイクに乗り始めたけど、なかなか加速のコツが掴めない…
加速しようとしても、すぐに疲れてしまう。
そんなことはありませんか?

そこで、今回はロードバイクの加速のコツをご紹介します。
ちょっとした工夫・意識をすれば、加速も簡単にできるようになるかもしれません!

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

pwk0001721-1.jpg
自転車のブレーキパッドの交換方法や価格などをご紹介

自転車に限らず、車輪で動く乗り物にとってブレーキは、動き...

pwk0001720-1.jpg
ブルホーンハンドルとブレーキレバーをkhsで揃えてみよう

ブルホーンハンドルは、先が牛の角のように上に突き出ている形状...

pwk0001719-1.jpg
ハンドルを調整する際に知っておきたいヘッドパーツの構造

ロードバイクは、乗車姿勢が非常に大切です。 そのた...

pwk0001718-1.jpg
ノバテックのホイール【スプリント】の評価は?実力は?

ノバテックは、自転車大国台湾の自転車部品メーカーです。 ...

pwk0001717-1.jpg
自転車のタイヤ交換や購入を前後同時にしたときの費用は?

自転車で地面と接している唯一の部分であるタイヤは、消耗品...

pwk0001716-1.jpg
自転車のタイヤ1本交換するのに手間や費用はどの位掛かる?

タイトルを見て「え、なんで?自転車のタイヤって交換しなく...

pwk0001715-1.jpg
スペシャライズドのアレーが2018年モデルチェンジ!

アメリカの自転車メーカー・スペシャライズドのアルミロード...

pwk0001714-1.jpg
シマノのスプロケット取り付け時に気になる互換性

ロードバイクなどのスポーツ自転車は慣れるにつれて、パーツ...

pwk0001713-1.jpg
シクロクロス車のおすすめを知りたい!10万円台で選びたい

シクロクロスはワールドカップも行われる自転車競技のひとつ...

pwk0001712-1.jpg
カンパのユーラスの評価が気になる!性能は?ライバルは?

カンパニョーロのユーラスは、アルミリムの上位モデルのホイール...

pwk0001711-1.jpg
アルミハンドルからくる振動を抑える方法をご紹介!

自転車に乗るとき、自分の体と接するのは、ハンドルとサドル、そ...

pwk0001710-1.jpg
アルテグラを例にベアリング使用部分をカスタマイズしよう

ベアリングとは自転車の回転する部分に使われている、摩擦を減ら...

pwk0001709-1.jpg
クロスバイクの定番700×28cタイヤはロードバイクにはどう?

スポーツ自転車のタイヤのサイズは、外径と幅で表されていま...

pwk0001708-1.jpg
6700系はリア10速の最終形態!アルテグラの歴史を振り返る

シマノのロードレース用コンポのセカンドグレードのアルテグラで...

pwk0001707-1.jpg
ママチャリの時速14キロ!自転車ってそんなにスピード出る?

普段自転車で走っていて、時速が気になることはありますか? ...

pwk0001706-1.jpg
自転車のハンドルが重いと感じたらヘッド部をグリスアップ!

自転車には回転する箇所が様々ありますが、その回転軸を支え...

pwk0001705-1.jpg
自転車の構造を学びたい!命を預けるブレーキの仕組みとは?

自転車は単純な構造で動いている、と思っている方も多いのではな...

pwk0001704-1.jpg
自転車の前輪ブレーキを調整!仕組みを知ろう

自転車に限らず、車輪で動く乗り物を止める手段はブレーキしかあ...

pwk0001703-1.jpg
プロ視点で考える中古ロードバイクや中古パーツのおすすめ!

こんにちは、じてんしゃライターふくだです。 ロードバイ...

pwk0001702-1.jpg
ブリヂストンのママチャリのタイヤ交換にどのくらい掛かる?

ロードバイクやMTBのタイヤは、速く走るための必須アイテムと...

スポンサーリンク


ロードバイクの加速の基本は体の使い方にあり!

ロードバイクのスピードを上げたければ、効率の良い身体の使い方を身に付ける必要があります。

最初は身体を慣らすために、時速15kmくらいから走り出して、徐々に加速していくと良いでしょう。

なお、加速は一気に行うとあっという間に疲れてしまい、速く走るどころか平均速度を維持することもまともにできなくなるので、焦らずゆっくりと進んでいくようにしてください。

コツは身体に余計な力を入れないことです。
これは自転車に限らず、どんなスポーツでも言えることです。

ペダルを漕ぐ際に力みすぎると、必要以上の酸素が失われるので、疲労が蓄積しやすくなります。
まずは深呼吸をして、全身の力を抜いてから、めいっぱいの体重を掛けて漕ぎましょう。

ギアも軽いものから、だんだんとシフトアップさせていきます。
力を適度に抜いていく感覚を掴めば、脚に負担を掛けることなく、スピードをコントロールすることができます。

体力も長持ちするので、慣れてくれば、長距離走行も難なくこなせるようになるでしょう。

ロードバイクを加速させるには、自分に合ったギア比が重要!

ロードバイクを加速させたければ、ギア比を最適なものにする必要があります。
それを決める基準として重要になってくるのは、「ペダリングの重さ」です。

そもそもギアとは、自転車を動かすために組み込まれた歯車のことを指しており、歯の数と大きさを変えることで、スピードを調節することができます。

ペダルに近いギアは「チェーンリング」、後輪のそばにあるギアは「スプロケット」と呼ばれています。

そして、ペダルを1回漕いだときの、タイヤの回転数を「ギア比」と言います。

ギア比の比率は「チェーンリング:スプロケット=ギア比」となっており、この数値が大きくなるほど抵抗も上がるので、それだけ重くなっていきます。

小さければ、軽くなります。

もしも、自転車を漕いでいてペダルが重いと感じたら、チェーンリングの歯数を減らすか、スプロケットの歯数を増やせば良いのです。

軽いのなら、これとは逆のことをしてください。
ギアが軽い場合は、坂道を上りやすくなりますし、重い場合は、少しでも速く走りたいときに役立つでしょう。

ロードバイクの加速には最適なケイデンスを!

ロードバイクを効率良く加速させるには、ケイデンスをきちんと測定することをおすすめします。

ケイデンスとは、1分間でクランクがどれだけ回転するのかを示したもので、分かりやすく言えば「乗り手がペダルを漕ぐ速さ」になります。
単位は「rpm」を使用します。

測定するにはケイデンスも調べられるサイクルコンピューターを使ったり、一定のテンポを設定したメトロノームを使い、それに合わせてペダルを漕ぐという手もあります。

あくまでも理論上ではありますが、自分にとっての目安を手っ取り早く知りたければ、ネット上にある計算ツールを使うのも良いでしょう。

なお、サイクルコンピューターは有線と無線の2種類があり、同じメーカーから販売されているものでも値段にかなりの幅があります。

単純にケイデンスを測定することだけが目的なら、速度計を購入すれば事足りるかと思われます。

スピードはギア比とケイデンスが大きく関わっており、ギアの重さよりも現在出している速度を保つことの方がどちらかというと重要です。

なので加速よりも、まずは速度を少しでも長く維持するところから始めてみましょう。

ロードバイクを加速するときは、ペダリングを意識しよう!

ロードバイクは、ペダリングを意識すると加速しやすくなります。

乗り始めたばかりの頃はママチャリなどのシティサイクルの感覚で、ケイデンスを低く、ギアを重くした状態でペダルを踏み込んでしまうことが多いようです。

これでは脚への負担が大きすぎるので、50kmほど走ると疲れが溜まって脚に限界が来ます。

だからといって、いきなりケイデンスを高くするとコントロールしにくくなるので、まずは今まで設定していたギアを2枚ほど軽くして、ケイデンスを若干上げるようにしてください。

数値で表すなら90~100rpmが目安です。
最初はこの辺りから慣れていき、徐々に数値を上げていきましょう。

高いケイデンスで走れるようになれば、長距離走行だけではなく、でこぼこ道や坂道、停止することが多い道などでも、平地と変わらない走りをすることができます。

そうすれば、スピードアップに重点を置けるようになります。

自分の運転技術を引き上げたければ、ケイデンスを高くすることは必須になるため、早めに慣れておくことをおすすめします。

ロードバイクで加速するには、ダンシングを無駄遣いしない!

ロードバイクに慣れていないうちは、筋力が足りていないため、緩めの坂でもダンシングを使ってしまいます。

しかし、それでは途中で疲れてしまい、てっぺんに到着するかしないかという辺りで、息切れを起こしてしまうでしょう。

ダンシングは全身の筋肉を使うので、あまり長くは維持できません。
上り坂でも、進めるところまではサドルに腰掛けた状態で乗るようにしましょう。

ケイデンスを高くしたペダリングと、筋肉を主に使用するペダリングは別物なので、この2つを使い分ければ、ダンシングを行わなくても坂を上ることができます。

ダンシングは加速したいときの手段として使い、普段は座ったまま運転するようにしてください。
ですが、いざという時にのみ使うからこそ、ダンシングを長持ちさせたいところです。

ロードバイクでは脚の筋肉は発達しますが、上半身は鍛えられません。

そこで腹筋をメインに上半身のトレーニングを行ってください。
まんべんなく鍛え上げれば、姿勢を崩さずに乗りこなせる上、持久力も上がります。

平日の夜や天気が悪くて走れない日などは、積極的に身体を鍛えるようにしましょう。

最適なポジションで、ぐんぐん加速!

ロードバイクを加速させるには、正しい姿勢を取ることが大事です。

ロードバイクには、ドロップハンドルという特殊な形をしたハンドルが使われており、これを握ると自然と身体が前に傾くようになっています。

ですが、前傾姿勢を長く続けるのは慣れていないと難しく、すぐに首や肩、背中などが痛くなってきます。
そのため、上半身を起こせるように、サドルを低くして、ハンドルの高さを上げる人も多いようです。

しかし、この姿勢は空気抵抗を大きく受けてしまい、お尻に負担が掛かるので長距離走行には向いていません。

疲れが蓄積すると姿勢も崩れてくるので、見た目も格好悪くなります。

一方、前傾姿勢は空気抵抗を軽減できる上、エネルギーをスムーズに車体へ行き渡らせることができます。

早めに身体へと馴染ませておき、いつでも切り替えられるようにしておきましょう。

サドルは高い位置に設定して、ステムもコラムスペーサーを1枚分ずつで良いので、徐々に下げていってください。

こつこつと、ゆっくり慣れていきましょう。

前屈みになることがつらいと感じる場合は、腹筋などのトレーニングで上半身を鍛えてください。
そうすれば一気に負担を減らせます。

走っている姿もきっと様になることでしょう。

ロードバイクで加速するには、基礎が大切!

今回は、ロードバイクで加速するコツをご紹介しましたが、改善できそうなところはありましたか?

トレーニングも大切ですが、意外と基本的なことが重要ではなかったでしょうか。
ちょっとの工夫・意識で、大きく成果が出てくるかもしれません!

これを機に、一度基本を見直してみてはいかかでしょうか?

 - 自転車種別 速度