豊かなサイクルライフをつくる自転車情報マガジン

BICYCLE POST

シマノ?ステム?リアディレイラーの調整について

      2016/11/25

シマノ?ステム?リアディレイラーの調整について

フロントにしろリアにしろディレイラーの調整がちゃんとできていない自転車って、乗っていていい気分がしませんよね。とりわけロードバイクにおいては、どのスプロケットにおいても、シフトがカチッと一発で決まらないと、ストレスは溜まる一方です。ここでは、シマノ製とステム製のリアディレイラー調整方法について紹介します。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

pwk0001724-1.jpg
ルイガノのツーリングバイクlgs ctはランドナー?

皆さんは、自転車の種類の中で「ランドナー」をご存知でしょ...

pwk0001723-1.jpg
ママチャリのクランクの長さを変えると走りはどう変化する?

今回は、ママチャリのクランクを交換するお話をしようと思い...

pwk0001722-1.jpg
ホイールにバルブを取り付けるときの注意事項あれこれ

厳密に言えば、自転車のバルブをホイールに取り付けるのは、...

pwk0001721-1.jpg
自転車のブレーキパッドの交換方法や価格などをご紹介

自転車に限らず、車輪で動く乗り物にとってブレーキは、動き...

pwk0001720-1.jpg
ブルホーンハンドルとブレーキレバーをkhsで揃えてみよう

ブルホーンハンドルは、先が牛の角のように上に突き出ている形状...

pwk0001719-1.jpg
ハンドルを調整する際に知っておきたいヘッドパーツの構造

ロードバイクは、乗車姿勢が非常に大切です。 そのた...

pwk0001718-1.jpg
ノバテックのホイール【スプリント】の評価は?実力は?

ノバテックは、自転車大国台湾の自転車部品メーカーです。 ...

pwk0001717-1.jpg
自転車のタイヤ交換や購入を前後同時にしたときの費用は?

自転車で地面と接している唯一の部分であるタイヤは、消耗品...

pwk0001716-1.jpg
自転車のタイヤ1本交換するのに手間や費用はどの位掛かる?

タイトルを見て「え、なんで?自転車のタイヤって交換しなく...

pwk0001715-1.jpg
スペシャライズドのアレーが2018年モデルチェンジ!

アメリカの自転車メーカー・スペシャライズドのアルミロード...

pwk0001714-1.jpg
シマノのスプロケット取り付け時に気になる互換性

ロードバイクなどのスポーツ自転車は慣れるにつれて、パーツ...

pwk0001713-1.jpg
シクロクロス車のおすすめを知りたい!10万円台で選びたい

シクロクロスはワールドカップも行われる自転車競技のひとつ...

pwk0001712-1.jpg
カンパのユーラスの評価が気になる!性能は?ライバルは?

カンパニョーロのユーラスは、アルミリムの上位モデルのホイール...

pwk0001711-1.jpg
アルミハンドルからくる振動を抑える方法をご紹介!

自転車に乗るとき、自分の体と接するのは、ハンドルとサドル、そ...

pwk0001710-1.jpg
アルテグラを例にベアリング使用部分をカスタマイズしよう

ベアリングとは自転車の回転する部分に使われている、摩擦を減ら...

pwk0001709-1.jpg
クロスバイクの定番700×28cタイヤはロードバイクにはどう?

スポーツ自転車のタイヤのサイズは、外径と幅で表されていま...

pwk0001708-1.jpg
6700系はリア10速の最終形態!アルテグラの歴史を振り返る

シマノのロードレース用コンポのセカンドグレードのアルテグラで...

pwk0001707-1.jpg
ママチャリの時速14キロ!自転車ってそんなにスピード出る?

普段自転車で走っていて、時速が気になることはありますか? ...

pwk0001706-1.jpg
自転車のハンドルが重いと感じたらヘッド部をグリスアップ!

自転車には回転する箇所が様々ありますが、その回転軸を支え...

pwk0001705-1.jpg
自転車の構造を学びたい!命を預けるブレーキの仕組みとは?

自転車は単純な構造で動いている、と思っている方も多いのではな...

スポンサーリンク


シマノ製リアディレイラー調整①

リアディレイラーは実は思っていたより楽に調整できるものなんです。
ちょっとした調整時のコツや裏ワザを紹介しますので、ぜひこの機会にスキルを身につけてみましょう。
『基本はストローク調整』
調整の基本は、リアディレイラーのストローク幅(可動できる幅)を、完璧に合わせてやることです。ストローク幅とは、カセットスプロケットの幅のことですね。リアディレイラーが動ける範囲(ストローク)だけを正確に調整すれば、あとはシフト側のインデックスが、自動的にリアディレイラーを正しい位置にシフトしてくれるんですね。リアディレイラーの調整とは、いかにしてストローク幅を正しく規制するか?これに尽きるわけです。次の章では、具体的にこのストローク調整を行う方法について紹介します。
まず最初に、必要となる工具です。5mmのアーレンキー・#2のプラスドライバーだけです。下準備として、ケーブル固定ボルトを緩めて、シフトケーブル(ワイヤー)をフリー状態にします。このボルトを、アーレンキーで緩めます。ケーブルを、ケーブル固定プレートから完全に抜き取る必要はなく、少し緩めてケーブルが動けば大丈夫です。これでリアディレイラーは、パンタグラフ内のバネの力でトップ側(外側)に行くようになります。

シマノ製リアディレイラー調整②

では次に、ちょっとしたコツの紹介です。それは、『チェーンをスプロケットに掛けずに調整すること』です。チェーンはいくらナローサイズになったと言っても、ある程度の幅があります。なのでこれがあるとスプロケットとプーリーとの、微妙な位置関係がわかりにくくなってしまうです。シフトケーブルを外したことによって、トップ側にリアディレイラーが行っているわけですが、チェーンがかかっていると、本当にこの位置がリアディレイラー本来の位置なのかどうなのかが、わかりにくくなります。ここで、一旦リアホイールを外し、さらにチェーンをフロントのチェーンリングからも外してしまいます。ここから、スプロケットにチェーンを掛けないまま、リアホイールを取り付けておくと、スプロケットと、プーリーとのシビアな位置関係が、ひと目で分かるようになります。この状態で、次はリアディレイラーを指で押し込んで、ロー側に移動させます。チェーンやワイヤーの干渉がないのでディレーラーは簡単に動かせ、ロー側でもストロークのリミット位置がよく分かるようになります。チェーンがロー側に落ちてしまうと、車輪がロックして事故につながったり、ホイールの破損などの深刻な機材ダメージを引き起こしたりします。

シマノ製リアディレイラー調整③

では、これらを調整していきましょう。調整リアディレイラーのリミット位置の調整は、2本のボルトで簡単にできます。トップ側調整ボルトロー側調整ボルトという名前のの2本のボルトです。トップ側には「H」、ロー側には「L」の刻印があるので、すぐに分かりますね。まず最初は、トップ側です。一旦、トップ側調整ボルトを締め込んで(時計回り)リアディレイラーを内側(写真左側)に寄せ、それからボルトを緩めながら(反時計回り)、リミット位置に合わせます。リミット位置とは、トップギヤの外側線真下にプーリーが来る位置です。スプロケットの真下より、若干外側になるんです。この微妙な位置決めを確実に行うためにも、チェーンを外しておくことが重要になってくるのです。続いて、ロー側も同様に調整ボルトで調整していきます。ロー側は、締め込むとリアディレイラーは外側に、緩めると内側に移動します。(トップ側と動きは反対になります)このようにして、ロー側、トップ側のリミット位置を正しく調整することにより、リアディレイラーのストローク幅も、自然と正しいものとなります。チェーンを本来の場所に戻して、確認作業を行います。この時点では、リアディレイラーのケーブルはまだ外れているので、手動でリアディレイラーを動かして確認していきます。ポイントは、ロー側に力一杯押し込んでみることです。もしその時、カタカタと異音がするようであれば、再調整となります。トップ側は、いかなる状況で手をはなしても、スコンとチェーンがトップギヤに戻って来ることを確認します。時々、クランクを逆回転させたりして様子を見て、異常や異音がなければ、トップ側・ロー側のリミット調整が確実にできていることになります。これでリアディレイラーの調整は、90%以上できました。

シマノ製リアディレイラー調整④

残る作業は、シフトケーブルの復帰です。シフトケーブルにもアジャスター機能が付いていますので、微調整はそこで行います。このアウターケーブルの調整ボルトを指で回すことによって、ケーブルを張ったり緩めたりすることができます。ダウンチューブにもアジャスターがついていれば、これも一番緩めた状態にしておきます。最終段階に入ります。指でケーブルを引っ張って、ピンと張っている状態にし、そこでケーブル固定ボルトを締め込みます。ボルトをしっかり締めたら、デュアルコントロールレバーを使って、変速テストを行います。ボルトを締める時にピンとケーブルが張れていれば、変速は一発で上手くいくはずです。もし反応が悪いようであれば、ケーブルアジャストボルトを左に回して、ケーブルを張っていって調整します。微調整の基本は、「張る」方向で調整するのが基本ですからね。以上で、リアディレイラーの調整は完了です。

スラム製リアディレイラー調整①

お次はスラム製ディレイラーのお話です。まずは10速(または11速)全部シフトアップorダウンできる状態にしてください。ここはシマノと同じです。シフトアップ・ダウンができないならハイリミットとローリミットのボルトを回してリアディレイラーの可動範囲を増やすように対処しましょう。この段階では変速がもたついても気にしないでください。ここからの作業の最大のコツは、テンションアジャスタボルトをなるべく抜くことです。テンションアジャスタボルトといえばディレイラーの角度やチェーンの張りを調整するためのものです。シマノ製ののリアディレイラーはパッケージから出したままの状態でうまく変速できますが、一方のスラム製は、テンションアジャスタボルトをいじらないとうまく変速しないのです。合わせ方のコツは、まず一番大きいギアにいれ、その状態からアジャスタボルトを可能な限り緩めることです。理想は最大ギアとプーリーとの間にはチェーンしか入る隙間がないという状態ですね。そこまでやろうとするとテンションアジャストボルトを抜ききっても厳しいので、抜ける手前ぐらいで止めておくのがいいでしょう。

スラム製リアディレイラー調整②

次にギアを1つずつシフトアップしていく工程です。この時ペダルはゆっくり回すことに注意してください。シフトアップしていくと最小ギア付近でプーリーとギアとの間に十分な隙間がない状態になり嫌な音がなる場合は、テンションアジャスタボルトを締めてプーリーとギアの間の隙間を広げるようにしてください。これを最小ギアまで行いましょう。最後にワイヤーアジャスターでワイヤーの張りの調整です。ここはシマノ製とほとんど同じで、コツは『小ギアへのシフトアップよりも大ギアへのシフトダウンに合わせること』です。シフトダウンでレバーを2クリック押したら、2回目のクリック音がしてすぐにシフトダウンするようにしてください。

スラム製リアディレイラー調整③

ここまで出来たら最後の確認です。実際に走ってちゃんとシフトアップするか確認しましょう。シフトダウンにワイヤー張りを合わせたらちゃんとシフトダウンはするはずです。でもシフトダウンに合わせすぎててシフトアップがもたつく場合があります。その場合はリアディレイラーまたはケーブルガイドのワイヤーアジャスターをシフトアップが素早く行われるまで少しずつ動かして対処してください。ちょっとした豆知識なのですが、スラムのリアディレイラーを調整する場合はスラムのグレードが高すぎないカセットを使っていると楽です。これは楽というかどこまで追い込むかのレベルの話になるのですが、シマノまたはスラムレッドのカセットだったりすると変速音があまりしないので実走中にもたついているのかわかりづらいときがあります。スラムの高すぎないグレードのカセットだと変速がもたついた時にガチャガチャとやかましい音が鳴るので、わかりやすいんですね。

まとめリアディレイラー調整について

シマノ・ステム両者のリアディレイラー調整のお話でしたがどうでしょうか?慣れないと難しいと感じるかもしれませんが、是非チャレンジしてみてください。ただ、どうしても変速がうまく調整できないことがあります。それは、ディレイラーハンガーが曲がっている場合。ディレイラーハンガーはディレイラーに少し衝撃があった程度で簡単に曲がってしまい、ちょっとした曲がりでも変速に影響がでてくる繊細な部分です。曲がっているかどうか自分で判断するのも難しいので、あまりにも調整できないときはロードバイクショップを尋ねてくださいね。

 - ロードバイク 国産メーカー, 自転車全般