人気ロードバイクブランドのおすすめランキング!

こんにちわ 新人ライダーのいちはらです。これからロードバイクを始めるときにどのブランドあり、どんなブランドなのかが分かればロードバイクを購入するときの手助けになると思います。今回は、私いちはらが抜粋したおすすめのブランドをランキング形式で紹介させて頂きます。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

自転車に乗るなら頭を守るために必ずヘルメットを着用しよう

歩くよりもずっと速いスピードを出せる自転車は、とても便利ですよね!その為、道路上で車の近くを...

自転車の車体番号の位置は?防犯登録のやり方~パナソニックの自転車編~

皆さんは、お持ちの自転車を購入したときに防犯登録を行いましたか?そのときに、お店ですと車体番号を...

クロスバイクのホイールサイズは700c以外あるの?

こんにちは、じてんしゃライターふくだです。じてんしゃライターということをしてると、実にいろいろな...

王滝のmtbに参加したい!レースの雨対策はどうすべき?

mtb乗りにとって有名なレースといえば、王滝のクロスmtbですよね。王滝に参加したいけれど、...

bmxが欲しい!おすすめタイヤは?タイヤの空気圧って何?

ママチャリやロードバイク、クロスバイク・・・自転車には、様々な種類があります。bmxもその一つで...

高級スポーツ自転車を中古で安く手に入れる(東京編)

新品より中古の方が安い。当然です。リサイクルの時代、様々な物が中古市場で流通しています。自転車だっ...

持ち運びOK?自転車を持って電車に乗る方法

お気に入りの自転車で、遠くの地にサイクリングをしに出かけたい・・・そんなとき、電車に自分の自転車...

自転車で20分走ったら何キロ先まで行けるのか?

自転車に乗っていて、普段からスピード(時速)を気にしている人は、どれくらいいるでしょうか?...

ロードバイクをレンタルしてみませんか?大会も出られます!

ロードバイクに乗ってみたいけれど、ロードバイクというものは、なかなか簡単に手が出せる金額ではありませ...

自転車のハンドル交換の適正位置と交換方法(ロードバイク編)

自転車(ロードバイク)のポジションを決める大きな要素であるハンドル周りは、ハンドルバーとそれを支える...

京都と東京間を自転車で走ってみよう!

皆さんは自転車で日本一周を考えた事はありますか?自転車に限らず、いつかは日本一周をしてみたい!と思っ...

ブレーキレバーの交換料金。ママチャリとロードバイクの違い

自転車の中で、メンテナンスの頻度が高い部分のひとつにブレーキが挙げられます。ワイヤーが切れて...

ロードバイクでツーリングするときに便利なリュック

ロードバイクは元々、ロードレースをするために開発された、公道を走るために最低限必要な機能以外はすべて...

ロードバイクは本体だけでなくホイールも盗難防止対策が必要

昨今は、ロードバイクが高価だという事が世間に知れ渡っているので、盗難の被害が多いです。ま...

自転車のタイヤの空気が抜けやすいのは虫ゴムが原因!?

釘や石を踏んだわけでもないのに、どんどんタイヤの空気が抜けてしまう経験をしている方は、原因は虫ゴム...

スポンサーリンク

ロードバイクブランドおすすめランキング①

第一位.キャノンデール
ランキング第一位のキャノンデールは、ロードバイクとマウンテンバイクの有名なブランドです。
1971年にアメリカで創業し、自転車ブランドとして有名になりました。
キャノンデールの名はコネチカット州にある駅から採った名です。
アルミ自動車を作っているブランドの為、アルミ素材には特化しているためアルミフレームのロードバイクを使用したいと言ったらキャノンデールを選んでも良いと思います。
特にアルミフレームのロードバイクは初心者にも扱いやすく、上級者レベルの方も使っているので幅広い層で人気です。
これからどんどん上達して、違う世界を見るためキャノンデールを使ってもっとロードバイクを楽しみましょう。
それでは、キャノンデールのおすすめロードバイクを紹介しましょう。
[CAAD10]このロードバイクは、ポタリング等を主体にこれからレースに備えている方におすすめの一台。
キャノンデールの強みであるアルミ素材を使用し、業界の中でもトップクラスで、ギアについてはSHIMANO社の105を装備しています。
長距離からレースまで幅広く、対応可能なスペックでアルミのロードバイクを選んで間違いなしです。

ロードバイクブランドおすすめランキング②

第二位.アンカー
ランキング第二位のアンカーは、日本のブリヂストンサイクル手掛けているスポーツ自転車ブランドです。
アスリート向けレースモデルで、カーボンフレームやアルミフレームの開発に力を入れているだけではなく、スチールフレーム製法のネオコットにより、RNCの各モデル及びJUNIORシリーズ等本格的なモデルも出していることが更に人気を上げていると言えます。
日本のブランドなので精密で技術力も高く日本人にあったロードバイクとも言えるでしょう。
また、オーダーフレームの注文も行っており、自分だけの一台を手に入れたい、もしくは使いたいフレームサイズが無くて困った等の悩みがある方は作ってみるのも良いかもしれませんね。
アンカーのおすすめロードバイクは[RS9]です。
値段がとても高いので、オールラウンドで攻めの姿勢をお持ちの方におすすめの一台になります。
アンカーの技術が結集しており、推進力を極限まで高めました。
オールジャンルで攻める事を考えヒルクライムやスプリント、ロングライドのどの分野においても対応出来るのでRS9を使いこなして、もう一段上の高みへ昇ってみて下さい。

ロードバイクブランドおすすめランキング③

第三位.ジャイアント
ランキング第三位のジャイアントは、自転車業界の方なら皆さんが知っているブランドといっても過言ではない程の人気のブランドです。1972年に台湾で設立され、ESCAPEシリーズのクロスバイクが大人気で、スポーツバイクを乗るなら選んで間違いないです。
クロスバイクの性能でもかなり頑丈に作られており、コストが安価なところが初心者にも使われることが多いです。
ロードバイクでも安価で性能が良く、他ブランドのロードバイクと同じ価格帯のものをジャイアントで選ぶと性能としてはジャイアントのロードバイクの方がワンランク上のことがある程にコストに対してロードバイクの性能が良いです。
ジャイアントのおすすめロードバイクは[TCR 0]です。
ジャイアントで人気のTCR シリーズの最高峰と言われているこのモデルはSHIMANO 105を装備していてレースするならこの一台がおすすめです。
アルミフレームの重さが8.7㎏とエアロ形状のカーボンフォークを使っている為、コストに対して性能がとても良いです。
また、衝撃吸収性にも優れており、ハンドリング性能も良いです。

ロードバイクブランドおすすめランキング④

第四位.ピナレロ
ランキング第四位のピナレロは、イタリアで名門の自動車ブランドで自転車業界としても幅広くシティサイクルやトラックレーサー等の多種多様な自転車製造が行われるロードバイクブランドです。
ツール・ド・フランスで2連覇した実績もあります。
高価な値段のモデルを取り揃えている為、最初に選ぶ一台としては中々難しいブランドですが、成長課程を考えて選ぶのも良いと思います。。
特殊なフォークを使い、振動吸収性を良くしてハンドリングしやすいように作られていることでも有名です。
ピナレロのおすすめロードバイクは[DOGMA F8]です。
DOGMA 65.1を超える為に開発されて比較しても剛性やバランス能力、軽量化等が向上しているモデルです。
特殊フレームでとても剛性が高く、ペダリングの反応が良いモデルです。
新モデルは柔らかさが増すことにより、ダンシングがとてもやりやすくなりました。

フレーム単体重量も890gと軽量の為、ヒルクライムの反応も良く、高性能なオールラウンドのモデルです。

ロードバイクブランドおすすめランキング⑤

第五位.トレック
ランキング第五位のトレックは、1975年に創業したアメリカの自転車ブランドです。
トレック最大の特徴は、軽量なところでヒルクライムモデルは、世界最軽量ランクとも言われているブランドです。
軽量な上に高めの剛性を兼ね備えている為、少しの力でも推進力を得られるのでで、ロードバイクを更に楽しませてくれます。
現代の航空宇宙技術を超越しているOCLVカーボンテクノロジーが開発され、トレックはカーボンの加工技術にもおいても特化しています。
また、強度と耐久性を持つフレームは、数々の大会を優勝に導いています。
トレックのおすすめロードバイクは[MADONE 9.2]です。
トレックの得意分野のカーボンテクノロジーを全てを持ちあわせたモデルです。
バランス性能は軍を抜いていて、バランス能力のみではなくエアロ、剛性、伝導率等の相対的にハイスペックな一台です。

ロードバイクブランドおすすめランキング⑥

第六位.スペシャライズド
ランキング第六位のスペシャライズドは、アメリカに本社がある総合自転車ブランドです。
製品はロードバイク等の自転車フレームのみではなく、ウエアやヘルメット等にも力をいてれている。
アメリカの人のパワーをしっかり伝えることの出来き乗り心地が良く、振動吸収性や速度巡行性能は特に良い評価を得ています。
また、世界で初めてマウンテンバイク量産を行ったブランドです。
日本で、乗っている人が数少ない為、被る事が少ないですね。
スペシャライズドのおすすめロードバイクは[Tarmac]です。
グランツールでの勝利の優勝を目的として作られたモデルで、走行性能は他を他の追随を許しません。
オールラウンドで全ての能力が高次元でプロ、アマチュア問わず楽しめるモデルです。
フレーム素材にはスペシャライズドのオリジナルであるFACTカーボンを使用していまる為、高弾性で軽量を図っています。

まとめ・色んな分野に特化したブランドの中で最適な一台を選ぼう

今回は、おすすめランキングとして6つのブランドを紹介しましたが、他にも数多くのブランドがあります。
紹介させて頂いたロードバイクは、レースモデルを多く紹介させて頂きました。
他にもラインナップは充実していて、初心者用から上級者向けまであります。
ロードバイクのモデルによって価格も異なりますので、まずは予算を決めてからモデルを選ぶのも一つの決め方ですね。